忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [784]  [783]  [782]  [781
51nsYJTstML__SX230_.jpg   発行年月:2012年1月


   その忠義、剛勇、鎮西一の武将なり!

   筑後柳川の立花宗茂は、秀吉の九州攻めで勇名を馳せ、
   関ヶ原で西軍に属して改易となり、
   のち旧領に戻れた唯1人の武将である


                          (文藝春秋HPより)



初めて読んだ葉室作品。

主人公は、立花宗茂。
恥ずかしながら・・・・名前も知らなかった人物でしたが、物語を読んだら、素晴らしい人物だと思いました。

豊臣秀吉に気に入られ小田原攻めの際に
「東国に本多忠勝、西国に立花宗茂 ともに無双の者である」と言われた。

が・・・その後、関が原の戦いで破れ国を失い、牢人同然となる。

しかし、己の信ずる義を貫き通し、牢人同然の身でも常に宗茂の周りには仕える者たちが居た。
宗茂の義は「決して人を裏切らぬこと」。
戦乱の時代には、それを貫くことは覚悟がいることだった。

牢人の身になったほかの武将達が、家康の母の葬儀の場で家康を討とうとする場面では、20人ほどの関が原牢人をたった4人で倒し、家康を守った。
そのことを自らは報告せず、立ち去る・・・・格好いい!

宗茂の正室・誾千代との関係も最初は冷めたかんじであったのが、戦いに敗れた後、側室の元ではなく先ず、誾千代のところに報告に行き、夫婦の絆が強まった。

誾千代もまた格好よかった!


ほかにも出てくる武将達。
真田信盛、伊達政宗。


武将たちの格好いいところだけを書いているかんじもちょっとするけど、読んでいて気持ちがいい。

ほかの葉室作品も読んでみたくなった!


ちなみに・・・・
次女に「立花宗茂って知ってる?」と聞いたら・・・・・・

「ああ~知ってる、戦国武装(ゲ-ム)に出てくるからね・・・・立花勢ならほかに誾千代も出てくるよ」と。
恐るべし、戦国武装。
結構、歴史上の人物を学べるゲ-ムなんですね~(笑)



 

★★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
葉室さんのト-クショ-の様子を知らせていただき、ありがとうございます
サイン会でトップの座でしたか!?
それは凄いですね~
時代小説は、なんとなくおじさんが読むものと以前は思っていましたが、女性が読んでも面白いのが葉室作品!
人の優しさが随所に描かれていて、やはり著者自身も優しいお人柄なんですね~。
「蜩ノ記」図書館で予約中、もう少しで順番が来るかな?
読むのが待ち遠しいです。
kyoko 2012/06/22(Fri)21:46:45 編集
無題
直木賞受賞作「蜩ノ記」が昨今の出版不況の中にあって時代小説としては驚異の発売部数20万部を突破し全国各地の図書館では数ヶ月待ちが続いています。受賞後の第一作「無双の花」を記念して主人公立花宗茂の故郷福岡県柳川市の立花藩別邸「御花」で葉室さんのトークショウがあったので参加しました。参加人員が当初予想をはるかにオーバーして急遽間仕切りを拡げて座席を増設する盛況ぶりで終了後のサイン会にも約100名程列をなしました。日頃おこないの良い私はそのトップを奪取する事に成功、開始までの間、後ろの旅行カバンを提げた若い女性に話かけ、どこから来たのか尋ねると岡山、その後ろは東京でした。見渡せば今流行りの「歴女」らしい若い女性がチラホラ、その中には彼女らとおなじく県外から来た人もいたでしょう。「蜩ノ記」を読んで感涙しハムリンファンになりトークショウのためにわざわざ駆けつけたとのこと、ほんにハムリンは女性を泣かせるテクニシャン。
そしていよいよサイン会の開始、失礼ながら為書きをお願いすると「できないんですよ。皆さんに書かなければならなくなるんで」と本当に申し訳なさそうな顔をして直木賞作家に断られた。その表情に彼の心の優しさを垣間見る想いがした。葉室麟が描く悪人がどこか極悪に見えないのは彼の優しさからきているのかもしれません。
ひろ 2012/06/22(Fri)20:40:46 編集
ひろさんへ
はじめまして。
書き込みありがとうございますm(__)m

「蜩ノ記」は図書館で予約してただ今、順番待ちですが「銀漢の賦」もお薦めなんですね?
ぜひ、読んでみたいと思います!
教えてくださりありがとうございます♪

ハムリン・・・なんだか可愛い呼び方ですね(^^)
ファンの間では通称なんでしょうか?
kyoko 2012/05/18(Fri)14:10:57 編集
直木賞作家 葉室麟
「蜩ノ記」と「銀漢の賦」がハムリン作品の双璧だと思います。是非一読してください。
ひろ 2012/05/18(Fri)12:19:41 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 13 14
16 18 19 20 22
24 25 26 27 28 29
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]