忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2219]  [2218]  [2217]  [2216]  [2215]  [2214]  [2213]  [2212]  [2211]  [2210]  [2209



発行年月:2019年3月

いつも、誰かに見られている……。最初は他愛のない都市伝説の筈だった。しかし、イジメに遭う中学生、周囲から認知症を疑われる老人、ホスピスに入った患者、殺人を犯そうとする中年女性など、人生の危機に面した彼らの前に、突然現れた「それ」が語ったことは。いま最注目の作家が描いた、ささやかな「罪」と「赦し」をめぐる傑作。

                    (新潮社HPより)



短篇連作集。
でも、少しリンクしていた。

タイトル通り、ロボットが出て来る。
人の姿をしていたり、猫だったり金魚だったり・・・。

学校の虐め問題に関わってしまう生徒たち。
自殺した生徒を巡っていろいろな憶測が飛び交う。
一人の生徒が「カゲロボ」じゃないかと噂され、その生徒は、それを否定せず
皆の様子を冷静に観察。

大人になったその後の生徒の様子も。
虐めのようなものに加担してしまった側も辛かった。
それをちゃんと見ていてくれた存在がいたことは救い。


ロボットが色々な姿で人々を監視していると考えるとちょっと嫌だけど、
こんな風に辛い自分を見守っていてくれた存在があるって気づけたら
少し気持ちが楽になりそう。


一番好きだったのは二人のミカが出て来た「カオ」。
表紙の絵は、二人を想像させて、読んだあと見ると、なんだか切ない気持ち。


木皿さんの物語は、切なくて温かい。

こんなロボットたち、実際に居てもいいかもと思った。



                         ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 6
8 9 11 13
14 16 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]