忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2118]  [2117]  [2116]  [2115]  [2114]  [2113]  [2112]  [2111]  [2110]  [2109]  [2108



発行年月:2018年7月


 最後まで彼女に嘘の笑顔を作らせたことを、僕はずっと後悔して生きている。
恋人と与那国島へ旅行に来た須藤周二は、問題を抱えた未成年のための「島留学」中の美しい少女・久遠花と出会う。何かを探しているという花の姿が、周二には遠い昔不幸な事件で亡くした従姉妹・美羽に重なって見えた。数日後、花が姿を消してしまい行方を追うが――。

                   (光文社HPより)





同い年だった従妹・美羽の死をずっと引きずって生きてきた周二(27歳)。

5つ年上の恋人・夏美と共に与那国島へ旅行。

泊まった民宿で手伝いをする17歳の久遠 花(17歳)。
東京から訳あって、民宿を営む榮門武司の元へ。

花に出会ってから、周二は花のことが気になって仕方ない。
何故なら従妹の美羽を思い出す何かがあるから・・・・。


亡くなった美羽の死の真相がわかり、その様子がなんとも辛い。
周二が自分の責任を感じてしまうのも無理はない気がした。

花との出会いは、偶然ではなく何か見えない力で引き合わされたとしか思えない。
亡くなった美羽の思いがそうさせたのかも・・・。
あまりスピリチュアル的なことは信じないんだけど、これは自然に
こういうこと実際、あるのかも?なんて思えた。


ラストは、気になっていた夏美との関係が大きく良い方向に向かいそうで
ホッとした。


良いお話でした!


                        ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 6 8 9
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]