忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2082]  [2081]  [2080]  [2079]  [2078]  [2077]  [2076]  [2075]  [2074]  [2073]  [2072



発行年月:2017年5月


 「遠吠えを、ひろっているんです」彼は水色の左目を光らせた。
……消えていった音、使われなくなった言葉を愛し収集する人たちと
 作家・吉田さんの小さな冒険譚

                  (筑摩書房HPより)




素敵なお話だった。


音響技術者の冴島と作家の吉田。
編集者の茜 喜和子とその友人の代筆屋・夏子。

『バッテン語辞典』の編集に取り組む白井先生。

白井先生は、病気で亡くなってしまうのだけど、登場人物たちは、皆、先生の
元で働いた過去があって・・・


先生の恋文が出てきてから話は、更に面白くなった。

そして、恋文を先生が書いた本当の理由がわかって、ああ、なんて素敵なんだ
白井先生!!


吉田さんの作品、いつもよくわからないけど、この文章、醸し出される雰囲気
好きだな~というのが殆どだったけど
これは、わかりやすい素敵なお話だった。

犬の遠吠えは、過去の音を犬が見つけた反応

そんな風に考える吉田さんのセンス、やはり好きだ。

読んでいて本当に気持ちいい文章。

これ、今までで一番好きな作品かも。


                       ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]