忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2071]  [2070]  [2069]  [2068]  [2067]  [2066]  [2065]  [2064]  [2063]  [2062]  [2061



発行年月:2017年12月


 

老若男女よ、全力で着飾れ。退屈を吹き飛ばす、
曲者だらけの痛快エンタメ!

「自分の人生は、自分以外のだれにもゆだねるな」死にかけの商店街に突然飾られたコルセット“コール・バ 「自分の人生は、自分以外のだれにもゆだねるな」
死にかけの商店街に突然飾られたコルセット“コール・バレネ”。
それは、少年の人生を変える、色鮮やかな“革命”の始まりだった。

福島の保守的な田舎町で、ポルノ漫画家の母と暮らす男子高生・海色(アクアマリン)。
17歳にして半ば人生を諦めていたが、ある日、古びた紳士服仕立て屋「テーラー伊三郎」のウィンドウに現われた美しいコルセットに心奪われる。
頑固な老店主・伊三郎がなぜ女性下着を――騒然となる町内を尻目に、伊三郎に知識を買われたアクアは、共に「テーラー伊三郎」の新装開店を目指す。
活動はやがて、スチームパンク女子高生や町に埋れていた職人らを巻き込んでいき……。


                       (角川書店HPより)




最高~♪

紳士服専門店の店先に突如、飾られたコルセット。
正式には、コール・パレネと言うそうだけど・・・・

それを目にした高校生の津田海色(アクアマリン=通称アクア)。
母親が官能漫画家で、その漫画の舞台はフランス革命前後ということから
その頃の装飾には、詳しいアクアは、そのコルセットを作った伊三郎に
尊敬の念を抱く。
放課後は、テーラーに立ち寄り、伊三郎の作業を眺める日々。

そして、もう一人そのコルセットに魅了されたのがアクアの同級生・三木明日香。

アクアと明日香は、次第に友情を築き、商店街の高齢女性たちをも巻き込んで
大々的な町おこしへと進んでいく。


紳士服店の伊三郎氏がなぜ、女性用のしかもコルセット作りを始めたのか?

それは亡くなった愛妻への思いやりだった。


いいなぁ~。
みんな楽しそうで。

著者の作品は、初めて読んだけど、ほかのも読んでみたい!

洋服のこと、色々調べたのかな?と思ったら服飾の学校を卒業して
そういう仕事もしてきた人だった!
なるほど~。


                           ★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 10
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]