忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1858]  [1856]  [1855]  [1854]  [1853]  [1852]  [1851]  [1850]  [1849]  [1848]  [1847



発行年月:2016年11月

4月、はじめて付き合った彼女から手紙が届いた。
そのとき僕は結婚を決めていた。愛しているのかわからない人と。

天空の鏡・ウユニ塩湖にある塩のホテルで書かれたそれには、恋の瑞々しいはじまりとともに、二人が付き合っていた頃の記憶が綴られていた。
ある事件をきっかけに別れてしまった彼女は、なぜ今になって手紙を書いてきたのか。時を同じくして、1年後に結婚をひかえている婚約者、彼女の妹、職場の同僚の恋模様にも、劇的な変化がおとずれる。
愛している、愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。けれどなぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去っていってしまうのか――。
失った恋に翻弄される12カ月がはじまる

                         (文藝春秋HPより)


映画プロデューサーらしいかんじ。
映像が何となく浮かんでくるような文章。
そういうの好きなので、スラスラ心地よく読めました。


主な登場人物は3人。

精神科医として病院で勤務している藤代俊。

その大学時代の恋人・伊与田春と婚約者で獣医師の弥生。


弥生とは既に同棲3年で結婚式を翌年に控え、式の準備中。
そんなとき、大学時代の恋人だった、ハルの手紙が異国の地から届く。

藤代とハルは、大学時代、同じ写真部で先輩後輩の仲。
そこから、大学時代の二人の様子と現在の藤代の話が交互に語られる。

過ぎた思い出は、あるキッカケで、鮮明に蘇るもの。


藤代とハルの過去の恋愛話は、良かったけど、何で今、手紙送るかな~?
弥生の立場で考えてしまって、ちょっとその辺は違和感。

そしてハルの現在が語られて・・・・・えぇ~それじゃ藤代ますますハルを
忘れられないじゃん!と思ってしまった。


文章とかは好きだけど、この話の展開はちょっと✕だなぁ~。


                            ★★★

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]