忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1672]  [1671]  [1670]  [1669]  [1668]  [1667]  [1666]  [1665]  [1664]  [1663]  [1662



発行年月:2015年9月


 超巨大台風が接近、封鎖された空港。
別室に集められた11人の中に、テロ首謀者がいるという――。
閉鎖空間で推理合戦が繰り広げられる恩田ミステリー、一気読み必至!

                    (中央公論新社HPより)



巨大台風、テロリストと最初から物騒な展開を予測させる言葉。
そして、入国監査を待つ人たち。

そこに並ぶまでに数人の人物の様子が描かれて・・・・
彼らが物語をどう進めるんだろ?とワクワク。

そして、入国監査の際、別室に誘導される彼ら。
身に覚えがない彼ら。何がいけないんだろ??と不安に思いながら・・・

ひとり、入国監査ではOKだったのに、不運にも別室行きになった者あり。

別室に集められたのは男女+男の子で10人。

・小津康久・・・エンジニア
・大島凪人・・・大手出版社勤務、離婚歴ありの40代
・岡本喜良・・・デザイナー
・成瀬幹柾・・・甥の結婚式のスピーチが待っている
・三隅渓・・・海外で働く医師、ガラガラ声
・伊丹十時(トトキ)・・・天文学者
・母と子(聖斗)・・・キヨトは触れた相手がその時、イメージしているものがみえる。
・中年男性・・・人材派遣会社勤務(?)
・中年女性・・・お嬢様育ちで言葉遣いが丁寧


ベンジャミン・リー・スコット・・・アメリカから亡命しようとして日本へ。
匿名で激しい人種差別や悪意に満ちた攻撃を繰り返すものを告発した。
そのなかにはアメリカの上院議員や最高裁判官など世間では「高潔な人格」と
されてきた人々の隠された凄まじい差別意識が暴露される。
スコットの行為は「プライバシーの著しい侵害」であるという弾劾の声が上がり
「国家機密の漏洩」が罪状となってお尋ね者に。


スコットと伊丹十時がイギリスの学校で親友だった。


別室の10人をお世話するのは、キャスリン。
人間にしか見えないけれど、ロボット。

人が沢山出てきて、最初はやや混乱しましたが、途中から慣れて
10人の中にテロリストがいるのか?いるとしたら誰?ということよりも
彼らの会話が楽しくて不思議なかんじ。
キャスリンも結構、愛嬌あるし。


タイトルの「消滅」の意味も最後にわかりましたが、
消滅したら確かにいいかも。
耳栓とデンタルフロスわたしも買いに行っちゃう(笑)。


頁数は500超えですが、楽しく読み終えることが出来ました。
恩田さんらしさも十分あったと思います♪


                            ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]