忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1668]  [1667]  [1666]  [1665]  [1664]  [1663]  [1662]  [1661]  [1660]  [1659]  [1658



発行年月:2015年7月


 タリウム、サリン、そして砒素――。「毒」はなぜ、人の心を闇の世界に引きずり込むのか?

悲劇は、夏祭りから始まった――。多くの犠牲者を出した砒素中毒事件。地元の刑事の要請を受け、ひとりの医師が、九州からその地へと向かった。医師と刑事は地を這うように、真実へと近づいていくが――。「毒」とは何か、「罪」とは何か。現役医師の著者が、実在の事件を題材に描いた「怒り」と「鎮魂」の医学ミステリー。

                   (新潮社HPより)




1998年7月25日に起きた和歌山県の毒カレー事件について書かれた物語でした。

記憶にもはっきりある惨い事件でした。
町内恒例の夏祭りで、ふるまわれたカレーに砒素を混入させて
4名の死者と60名以上の被害者を出した事件。
捜査が進み、逮捕されたのは、そのカレーを当日、交代で番をした主婦。
物語では、小林真須美被告ですが、実際は林 真須美。


物語では、カレー事件の犯人は、砒素を保有していた夫婦ではないか?と
早くから容疑が固まり、その裏づけ捜査の様子が詳しく書かれていました。

そもそも、そんなに沢山の人を対象にした理由は?と疑問でした。
町内の人間関係のトラブル?
事件の真相を追ううちに明らかになってきたことに驚愕!

カレー事件の前から、砒素中毒の被害者が犯人の身近なところに居たんですね!
真須美の夫・憲二は、被疑者でありながらも被害者という矛盾が疑問でしたが
その辺のところも少しわかり、何とも普通では考えられない夫婦。
お金のためなら、ここまでやるのか?


そして、カレー事件で被害を受けた方たちは、本当に落ち度のない標的に
なってしまったということに強い怒りを感じました。

物語では、カレー事件の他に、
過去の対戦時で各国が使った科学兵器についてや、1995年の地下鉄サリン事件
などにも触れていました。

541頁の長い長い物語。
専門用語も多いので読み進むのに時間がかかりましたが、勉強になりました。

著者も多くの文献や取材を重ねての執筆だったでしょう。
医師だからこそここまでの物が描けたと思います。


事件は2009年5月に最高裁で犯人の林 真須美に死刑確定していますが
本人は未だに無実を訴えているとか。
う~ん。
二人の子どもたちももう成人しているでしょうけど、どういう心境なんだろ?

お金に取りつかれた人って恐ろしい。




                        ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]