忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1517]  [1516]  [1515]  [1514]  [1513]  [1512]  [1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507



発行年月:2015年1月


 二八歳の田中真紀子は、友人のイチローから誘われ、彼の家に間借りすることになった。その家は建て増しに建て増しをを重ねた奇妙な家で、真紀子はガレージの上にある赤い小屋に住むことに。イチロー父は全裸で現れるし、女優の母、無職の姉、モテ系女子の妹も一癖ある人ばかり。そんなある日、イチローは、自分はおなじ一日が二回繰り返されることがあると真紀子に打ち明けるのだった。

                     (講談社HPより)




飲み会で知り合って数回会っただけのイチローの家に間借りさせて貰うことに

なった田中真紀子(28歳)。
イチローの家族(木村家)は、変わったひとばかり。
でも、皆憎めない良い人たち。

父・将春(58歳)・・・全裸でいることが多い。彼が家を増築し続けている。
母・みすず(本名・正子)・・・女優。撮影のロケで長期間留守にすることも多い。
姉・文(ふみ30歳)・・・イラストレーターとして仕事をしている。家族の料理を作る。
妹・絵波・・・イギリスに短期留学していたが帰国。




最初は、風変わりな一家との関わりが楽しく、それが続く物語なのか?と
思ったら・・・・真紀子の両親との関わり(特に母親)に異常なものを感じて
嫌な気持ちになりました。
こんな母親の娘だったら、毎日が憂鬱だろうな~。逃げ出して正解!と思った。

そして木村家の複雑な関係も。
将晴とみすずは再婚同士?
二人が結婚したときには、既にみすずのお腹には文が居て・・・
二人の本当の子どもはイチロー(壱千郎)のみ。
イチローが生まれて暫く、みすずは行方知れずになり、戻って来た時には
絵波を抱いていたという。


文が現在の暮らしになるまでの経過もちょっと悲惨で同情。
そんな大変な思いをしてきたんだ~と思ったら、一番幸せになって欲しい人だと
思った!
だから、最後、家を出て一人で暮らす決心をしたのは、嬉しかった!

この物語の人たちが、これから先、どんな風に生きて行くのか?
ちょっと続きを読みたくなる。


長いけれど、退屈せず読めて、もっと読んでいたいと思わせるのはさすがだ。


                             ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]