忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1418]  [1417]  [1416]  [1415]  [1414]  [1413]  [1412]  [1411]  [1410]  [1409]  [1408




発行年月:2014年8月


 

朝のラッシュ時に電車が停止! そのとき、大学生、フリーター、デザイナー、OL、引きこもり、駅員は? 突然のアクシデントに見舞われた若者6人のドラマを描く私鉄沿線・恋愛青春小説!


<大学生は、駅の前>
授業に向かおうとしていた町田だったがm電車が運航停止していた。
混雑する駅前で佇んでいると憧れの上原さんと遭遇。
一緒に歩いて大学に向かうことになった。
町田にはなんとなく付き合っている彼女・百合がいて、上原さんには
教授との噂がある・・・。


<フリーターは、ホームにいた>
久しぶりに充実した朝を迎えた永山だったが、バイトに向かうための電車が来ない。
ホームのベンチで休んでいるうちに眠ってしまい大遅刻。
バイト先の社員・柴崎と顔を合わせたくない・・・電車とバスに乗ってプチ逃避行へ!


<デザイナーは、電車の中>
停止した電車の中では強烈な尿意に襲われている高畑は、憧れのデザイン事務所の
面接に向かうはずだった。
いま勤めている事務所は小さく、やりたい仕事ではない。
でも居心地は悪くないし気の合う事務員・不動さんがいる。
自分の居場所はここでいいのか?


<OLは、電車の中>
恋人の家に泊まったゆえにいつもと違う沿線の電車に乗った立川。
運悪く停車してしまった電車の中で冴えない先輩社員・松本さんとばったり遭遇。
恋人の飯田さんにはあまり良い噂がなく、元彼は最低だし、本当は松本さん
みたいな人が良いのかも・・・。


<引きこもりは、線路の上>
引きこもって三年目になる神田。
彼女も友達もいたのに、ふとしたきっかけで外に出られなくなった。
仲の良かった妹には嫌われ、家族の荷物となっている。
本当は学校でもいじめられていた----久しぶりにすがすがしさを感じた朝、
死を決意して駅に向かう。


<駅員は、線路の上>
駅員・加奈の不注意でホームから落ちたお客さまが、線路上を走っていってしまった。
結果、1時間半も電車を停めてしまい、すっかり仕事への自信を失った加奈。
運転士になる夢、母となり家庭を築く夢、25歳のいま、今後どう生きて
いきたいのか悩む。

                  <実業之日本社HPより)



電車が止まってしまったことにより、予想外の出来事に巻き込まれれていく
人たちの姿が描かれていて、なかなか面白かった。

けれど、後ろ2つの話で電車を停める原因のひとつになった引きこもり青年の
苦悩は辛かったなぁ~。
親の立場で読んでいたので、どうすればいいんだろ?と思いながら読んだ。

些細な言動も人を傷つけてしまうということを皆が想像できる力があれば良かったのに
教師にもそういう想像力がない場では仕方ない。
そこから逃げて自分を守るしか青年には選択肢がなかったんだな。。。

死のうと思ったけれど、線路に落ちたのは、駅員さんがぶつかったからで
駅員さんもほかのお客さんからぶつけられたからだけど
変なキッカケではあったけれど、これが青年の何か良いキッカケになるといいなと
思った。
家族さえも敵に思えるってこのままじゃ辛すぎるから・・・。



                            ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]