忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[150]  [149]  [148]  [143]  [142]  [133]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
ed0568b5.jpg   発行年月:2009年4月

  
   運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?

   13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。
   陥没する道路。炎を上げる車両。
   崩れ落ちるビルディング。崩壊されていく東京に
   残されたのはわずか13人。
   “奇跡”のラストまで1秒も目が離せない。
  
                       
(毎日新聞社HPより)


地球全体がP-13現象に飲み込まれる。
問題の時間から13秒間は、出来るだけ何もしない事・・・・関係各省庁に伝達される。

そして、その問題の時、日本時間の3月13日午後13時13分13秒。

その時間帯が過ぎたとき・・・・

生存者たちは、周りの人、動物たちが殆ど、消えている事に気づく。
そして、東京のとある場所でその生存者たちは、力を併せて生き抜く事に必死になる。

東野圭吾さんの最新刊。
人気作家さんなので、図書館では、かなり待ちました。

相変わらずのスト-リ-展開の巧みさで、スラスラ読みました。
でも、途中で、ラストが大体、予測できるものだったのが少々、残念。
もっと「え~そうだったのぉ~!?」という驚きの結末を期待していただけに、ラストがあまりにも
定番でした^^;

登場人物が、あまり多くなく、人の心理の深いところをず~っと掘り下げて書くような作品の方が
わたしは好きだな。

生き残りのサバイバル状態は、想像したら過酷なんだろうけど、あまり緊迫感が迫って来なかった。
リ-ダ-シップを取っていた、誠哉も頼り甲斐があってステキ!と思ったら途中の発言で嫌いになったし・・・・(女性ならみんな気分悪くなると思う!)

今回の作品は、やや期待はずれでした~
東野さんには、つい過度の期待をしちゃうのもいけないのかな?


この話は、あまり難しくないから、次女にも勧めてみよう。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ぴゃおさんへ
ぴゃおさんのブログに「内容あまり覚えてない」みたいな書き込みしたけど・・・
自分の読んだら、思い出した!!

やっぱり同じような感想でしたか?
そうそう、緊迫感ないよね?
そのくせ「え!?」みたな大胆な行動取る人居たり、発言も突飛だったり・・・

そうそう、イブ発言は、引いた・・・
kyoko 2010/06/02(Wed)09:21:05 編集
無題
私もkyokoさんよりかなり待って、予約したのも忘れていた頃にきました(苦笑)
最近人気作家の本は凄い予約だもんね!

私も緊迫感はあまり感じられなかったな~
起こっていることは凄いんだけど、登場人物達の雰囲気がちょっとくだけていた感じがした。
誠哉のイブ発言もあの場でしなくてもいいよね。とりあえず脱出ということに会話を絞って欲しかったな(苦笑)
ぴゃお 2010/06/01(Tue)21:15:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 5 7
10
16 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]