忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
4a1096f4.jpg発行年月:2008年2月


ファンドマネ-ジャ-、42歳。
虚栄心を満たすためのインサイダ-行為が
すべての始まりだった。
不倫、脅迫、解雇、離婚。
勝ち組から滑り落ちた男は、未公開株詐欺に手を染め、保険金目的で殺されかけた、事故で片脚を切断される。
それでも、かすかな光が残っていた。

                         
(本の帯文より)

『嫌われ松子の一生』男性版だそうです。

それを頭に置きながら、読みましたが、う~ん。
男性の転落のキッカケは、自業自得のものであり、最初は、あらあら~しょうがない男だわ!
なんて、半分面白く読んでいました^^;
「嫌われ松子・・」の松子の方は、同情したり、共感したりする部分もあったのだけど・・・・。

転落前は、外資系投資会社勤務で年収2000万ほど。
怖いものなしのような感じで、妻に高級マンションをねだられれば、一旦は躊躇しつつも承諾し・・
わたしなどの庶民感覚ではありえない日常を送っている。

けれど、転落はアッという間。
あまりにもマヌケなその様は、笑っちゃう。

考えると、そもそも、何でこんな男が年収2000万も稼げていたのかが疑問。
主人公に対して嫌悪感いっぱいなので、転落してくと残酷だけどちょっと笑えた。

でも、本当に全て失って、片脚まで失ったあたりからは少し、さすがに同情^^;

最後まで「松子」と比べちゃうけど、失うものばかりでも、主人公・貴志は生きている!
結構、逞しそうな精神力だし・・・その点は読みながら救われたかな?

ラストも運よく、最低限の暮らしは出来そうだったし


まあまあ楽しめたけど、「嫌われ松子・・・」に比べたら・・・・・
(どこまでも比べてしまう・・・・・笑)
男性が読めば、もう少し、違う感想かもしれませんけどね。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ラブラブラッキ-さんへ
「嫌われ松子」・・・最初からイヤ~なシ-ンでしたからね~
自分に落ち度が全くなかったワケではないけど、松子の場合は、気の毒な転落というかんじでした。
同じ女性として読むのが辛いような場面も多々あったし・・・でも、物語としては、「ジバク」より上手い!とわたしは感じました。

うんうん、人それぞれの感じ方。
わたしもラブちゃんの感想、読んで「なるほど・・・」と思いました。
確かに救いが最後にあるのは、読み手としたら嬉しいね
kyoko 2009/08/23(Sun)16:43:09 編集
無題
私は嫌われ松子が苦手で、途中でリタイアした人なんです。
でもこちらは好きでした。
松子をしっかり読んでいたら感想もまた違ったものになったかもしれません。
他の方の感想を読むのって、すごく勉強になりますね♪
ラブラブラッキー 2009/08/23(Sun)10:55:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]