忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143




発行年月:2013年4月


良いニュースと悪いニュースがある。

多崎つくるにとって駅をつくることは、
心を世界につなぎとめておくための営みだった。
あるポイントまでは……。 

                 (文藝春秋HPより)


色彩を持たない多崎つくる。
高校時代は名古屋。そして大学進学のため東京へ。
高校時代に仲の良かった4人に突如言われた絶縁宣言。
わけもわからず受け入れ、進学のために東京へ。
残りの4人は名古屋市内で進学。

そして、つくるは、死ぬことばかりを考えるように。
原因はやはり高校時代の友人たちから受けた仕打ちか?


四人は男子2人に女子2人。
男子・・・赤松、青海
女子・・・白根、黒埜

つくるだけ名前に「色」を持たない。
そして、性格上にも色彩が希薄だと思っていた。

成人して36歳になった、つくるは、東京の電鉄会社に勤務している。駅をつくることに携わっている。
死にたいと思っていた時期をなんとか乗り越えた。
そして2つ年上の沙羅に出会い、高校時代の友人のことを話す。
彼女は4人の現在の近況を調べ、それを機に、つくるは彼らに会いにいく。


つくるにとって、沙羅と出会ったことは幸運でした!!
彼らに会いに行き、何故、自分は縁を切られたのか?長年の疑問をぶつける。
そして、わかったこと。

なるほど・・・そいいう事情でしたか?
その為に、つくるは死を考えるまで精神的に追い詰められたのか?
もうちょい、誰か何とかフォロ-してあげてよ!!(怒)

話としては、まあ面白かったけど、ちょっとつくるが気の毒。

でも、これからは、たぶん、明るい未来が待っているはず!!
頑張れ、つくる!!


文章は、やはり独特。
村上作品を読んでる感に浸れました。
こう感じさせるのはさすがだな・・・。


                            ★★★


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ぴゃおさんへ
そうそう、文章は巧いなぁ~と思うし、多くのひとが高く評価するのもわかるけれど・・・
主人公がいつも、軟弱で頼りないようなかんじなんだよね~。
うちの旦那も評価高いみたいだから、男の人の方がこういう曖昧なかんじが好きなのかなぁ~?

この物語の沙羅は好き!
kyoko 2013/10/11(Fri)13:24:11 編集
無題
私もちょうど読み終えたところでした。
内容はわかりやすくて良かったよね。
私は村上春樹の文章とその不思議感は好きだけど、登場人物の中途半端なところはどうもすっきりしなくてダメだ~色々はっきり完結して欲しい(^_^;)
主人は「そういう曖昧さが村上春樹でそこがいいんだよ。想像力膨らむじゃん!」と言っているけど(笑)
ぴゃお 2013/10/11(Fri)11:29:12 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]