忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
3696ded4.jpg  発行年月:2008年12月

 
トランプおじさんは、しょうしょう変わり者と評判のおじさんです。
村はずれのガタピシした家にひとりで犬とくらしているからでもあり、皮肉やでがんこだから、でもあります。
けれど、トランプさんが、ほかの人とちがっているいちばんのことといったら・・・・、じつは、このトランプおじさん、動物のことばがわかるおじさんだったのです。
(本の表紙裏の説明文より)


 
図書館の児童書コ-ナ-を見ていたら、たかどのほうこさんの新刊発見!
嬉しくなって借りました!11e6018a.jpg

たかどのさんの絵本は、子ども達が幼稚園の頃からあれこれ読んでいます。
一番最初は「まあちゃんのながいかみ」だったかな?


そして、本に登場する人物(には限りませんが)が、面白い名前が多くて楽しいです。
トランプおじさんという名前もユニ-クだな♪なんて、読む前から思いましたがちゃんと理由があるのです。
哲学好きの親が「プラトン」のような立派な哲学者になってほしいと思い、そのまま「プラトン」ではさすがに気がひけて字の並びを変えて「トランプ」としたのだそうです。

そして、トランプおじさんの愛犬の名前がまたまた変わっていて「イルカ-ネポポラ-レ」といいます。
全てが普通の犬なので、名前だけは変わったものにしようと付けたそうです。

理屈っぽいおじさんですが、本の中では哲学者としてではなく、なぞの生き物ペロンジの正体解明のために探偵として活躍します。
愛犬のイルカ-ネ・・・(覚えきれずずっとイルカ-ネで読んでいました^^;)をお供に。
動物の言葉がわかるおじさんなので、イルカ-ネ・・・とも普通の会話。
これもなかなか面白くて、良いコンビ!

物語はモグラの世界での出来事。
ケ-キ屋さん、クリ-ニング屋さんなど出てきますが、ケ-キ屋さんの名前は「ケ-キのラグモ」甘いもの好きなおじさんは、そこでモングランをよく食べます。
モングランのほかにはマロンモグラッセとかもあって、ネ-ミングが愉快。

ある事件が起こり、その事件には、ペロンジという生き物が関わっているということになり・・・・
事件は見事に解決しますが、その過程が楽しい。
絵本にしては、結構、長いのですが本好きの子なら小学校中学年くらいからでも楽しめそう。
漢字のよみがなもあるので、漢字の勉強にもなるでしょう。

そして、途中にある挿絵もかわいい。
たかどのさん自身も絵を描くのですが、これは、にしむらあつこさんの絵。

挿絵の中に、時々、何やら記号のようなものがありますが、それは巻末の動物文字で、絵の中の動物文字を一字ずつ解読していくのも面白いです♪


お話も面白いし、絵も楽しい。
動物文字も探しながら・・・・・と遊び心いっぱいのステキな本ですよ~。
これは、家族全員でまわし読み間違いなし!


 
★★★★★
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]