忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
fb142e3a.jpg発行年月:2004年1月


ジャングルでは毎日たくさんの命が生まれ、伊久留ために食べ、食べられ、それら全てが夢である如くやがては皆死んでいく。そのワニは傲慢でジャングル一の嫌われ者。仲間を食べ兄弟さえ食べ生きてきた。そしてある日悲劇的とも言える最期を迎える。自己中心と他者尊重の境界を問う一冊。密度ある絵で。

                     
(理論社HPより)


梨木さんの絵本は、やはり素晴らしい。

過去に読んだ絵本は「蟹塚縁起」 「ペンキや」 「マジョモリ」ですが、この「ワニ」が一番、哲学的かも。
絵本というと、幼児~児童のものと思いますが、これらは、大人が読む絵本かもしれない。
絵が素晴らしいので、勿論、子どもが見ても楽しめるけど・・・。

この「ワニ」に出てくるのは、ジャングルの野生に生きる者たちなので、弱肉強食の様子も描かれています。
「わ~かわいそう」と思いますが、自然とはそういうものなんだと気付かされます。

そして、この主人公のワニは、兄弟までを食べてしまう。
人間からしたら・・「なにも兄弟まで食べなくても~」と思いますが、このワニにとってそういう考え方はなく、自分と他者でしか物を見ず、兄弟たちはその他者に当たる。
「ナカマ」という認識はない。

カメレオンに会って「俺たちは仲間だぞ」と言われ、なぜ?と問い、その答えから自分がどういう種類の生き物かを知り戸惑うものの結局、カメレオンも飲み込む。

そして、密かに自分が「親友」と思っているライオンとの対峙の場面。
最期のときにワニが「これは正しいことかもしれない」と思うのは、ちょっと切ないけれど、これも自然の摂理ということでしょう。

淡々とジャングルの様子を物語にしながら、ワニの一生を通じていろいろな事を考えされてくれた。

う~ん、深い話だ・・・・。

絵もいい!リアルで、この文にはとても合っている!

★★★★
PR
c1c16046.jpg発行年月:2003年5月(第2刷)


春のマジョモリは花が満開。ある朝つばきは森から届いた招待状を手に初めて森の奥へ。そこで会ったハナさんとノギクやサクラのおいしいお茶のティ-パ-ティ-。後からもう一人来た女の子とはどこかで会ったことがあるけれど思い出せない・・・・かけがえのない“小さな女の子の時間”をくっきりと描く絵本。


    
                   (理論社HPより)

梨木さんの絵本、読むのは三冊目。
これは可愛らしいお話でした。

代々、御陵の横にある神社の神官を務める家の娘・つばきにある日、届いた手紙。

「まじょもりへ ごしょうたい」

そして、つばきは、普段子どもは入ってはいけないとされている神聖な場所である御陵へ。
子ども達はそこのことを「もり」と呼んでいる。

そこで出会った、ハナさんとの楽しい一時。
女の子ならば、ウキウキしちゃう場面(^^)。

御神饌をハナさんから出されて・・・新しい食べ方を教えるつばき。
ここでいう御神饌って、落雁のようなものかな?
本当にその食べ方は美味しいのかなぁ?

後から、来た女の子・・・・・なるほど、そういうことね!

ほのぼのしてる優しいお話ですが、御陵のなかのお話なので、高貴なかんじもします。

絵もまたまた素敵!
早川さんの絵は優しくて、梨木さんの文章によく合います♪

★★★★★
b01cb20e.jpeg発行年月:2002年12月


ペンキやに生まれ、ペンキやとして生き、一生を終えた、ある職人の物語。
お客のもっとも望む色を探し出し、人々をしあわせにするのがペンキやの仕事・・・・。父の跡をついでペンキやとなった男の一生を鮮やかに、歌うように描く。

                  (理論社HPより)
 

梨木さんの絵本はこれで2冊目。
先に読んだ『蟹塚縁起』もすごくよかったけど、これもまた素敵な絵本です。

一人のペンキやの話だけど、その一生に関わる人たちにきっと多くのしあわせな気持ちを与えたんでしょう。
素晴らしいな。こんな一生が送れたら・・・。

父親を見たことがない、主人公のしんやだけど、きっと一番尊敬できる人だったんでしょう。
そして、しんやの息子・しんいち君も同じような道を辿るのかな?

絵も素敵でした。
色の使い方が素晴らしい。

物語の中でお客に頼まれ描いた色のイメ-ジがそのまま活きているかんじ!

「ユトリロの白」がすてきでした!!

梨木さんの絵本、もう1冊あるようなので、そちらもぜひ、見てみたくては!


★★★★★
cce12aad.jpeg発行年月:2003年4月


「あなたがその恨みをテ手放さぬ限り・・・」
助けた蟹が恩返しにやってきた事で前世の因縁を思い出すとうきち。やがてその思いを昇華する様を幻想的に描き出す。


        
                     (理論社HPより)


最初は、ただの蟹の恩返し?かと思った。
でも、そこから広がる壮大な過去の記憶。

とうきちが七衛門として生きていた時代のこと。

因縁の相手と現代で向き合う、そのとき・・・・・。

ラストの描写が美しい。

この絵が素敵。

暗い闇のような絵ですが、そこからいろいろなものを思い起こされるような力がある。
ラストの明るい光がより一層輝いてみえました。

梨木さんの絵本、初めて手にとりましたが、素晴らしい!!

ほかにも絵本、あるようなので、また見てみよう。


★★★★★




66af500b.jpg発行年月:2004年1月


たとえばたとえば。サルスベリの木に惚れられたり。床の間の掛軸から亡友の訪問を受けたり。飼い犬は河童と懇意になったり。白木蓮がタツノオトシゴを孕んだり。庭のはずれにマリア様がお出ましになったり。散りぎわの桜が暇乞いに来たり。といった次第の本書は、四季おりおりの天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

                                  
(本の帯文より)

不思議でどこか懐かしいかんじのお話でした。
亡き友・高堂の実家の家守として住み込んで守をしてほしいと亡き友の父親から頼まれる、物書きのわたし。

庭にはいろいろな木々があり、早々にサルスベリから惚れられる。
そして、亡き友が掛け軸の中からボ-トに乗って度々訪ねてくる。

不思議なことなので、最所は驚く物書きの男だが、そのうち何か起こってもいちいち驚かなくなる。

読み手も同じように、不思議だとは思いながら、そういうことが普通に起こる場所なのだと納得してしまう自然な雰囲気。

四季を追って、その季節ごとの植物が登場し、植物の名前がそのまま28つの章の名前になっている。
名前も聞いた事のない植物が幾つか・・・後で調べよう!と思いながら思わずメモ!

人ではない物(河童、鬼、狸、サギなどなど)も登場し、人には違いないのでしょうが、その人すらも何処か浮世離れしたかんじ。

現実の世ではあり得ないようなことが、違和感なく存在し触れ合っている。

兎に角、不思議な世界の中にふわふわ漂っていうような心地いいかんじのお話でした。

こういう雰囲気、好き!
楽しかった!


後でどんな植物か調べようとメモした植物のなかから二つ。

南蛮ギセル303b2a66.jpg

8~10月に開花
葉は無く地面から花茎を出してキセル状の花を咲かせる
主に草原のススキなどの根元に生える
葉緑素のない寄生植物








貝母(バイモ)
6aedc589.jpgユリ科の植物
薬用植物のひとつで、咳止め、腫れ物、鎮痛などの薬効あり






どちらも愛らしい花でした(^^)。

これは植物図鑑を片手に読みたくなる本でもありました。


★★★★

 
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]