忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6




発行年月:2014年4月



 昭和の初め,南九州の離島(遅島)に,人文地理学の研究者,秋野が調査にやって来た.かつて修験道の霊山があった,山がちで,雪すら降るその島は,自然が豊かで変化に富み,彼は惹きつけられて行く.50年後,不思議な縁に導かれ,秋野は再び島を訪れる──.歩き続けること,見つめ続けることによってしか,姿を現さない真実がある.著者渾身の書き下ろし小説.


                    (岩波書店HPより)



ロマン溢れる物語でした。
南九州の離島・遅島に調査のため滞在している秋野。
亡くなった主任教授がやり残した調査を引き継ぐため。
ウネ婆さんと嘉助爺さん宅に居候させて貰い、生活を共にする。
なんとも情緒たっぷりの暮らしぶり。
船を漕いで湯治場に仲良く向かう二人を見送る秋野の場面は幻想的なかんじだった。


居候させて貰っている地域は龍目蓋(たつのまぶた)という場所。
そこから、毎日調査に出かける秋野。
影吹で、西洋館を見つける。ウネ婆さんの話では山根さんという人が住むという。
後日、山根さんを訪ね、話が弾み、いつでも泊まって良いと言う言葉に甘え
そこから出かけた方が近い場所の調査にはそこを拠点とさせてもらう。

島の歴史をあれこれ知る。
かつては、寺院があり、修験道の島でもあったという。
しかし、明治の政府の神仏分離宣言を機に寺院は一瞬で壊されてしまった。
神道を国体の基盤とするため神と仏が融合したものは引き離すこととなり
長年、仏教より下に見られていた神道の関係者がここぞとばかりに暴走し潰したとか。
また当時は民間宗教=モノミミも島に広がっていて、それらも排除の対象にされた。

西洋館に住む山根さんの父親は寺院で修業する僧侶だった為、その混乱時島を脱出したという。
そして父親が持っていたという寺院の見取り図を見せてもらう。



昔そこで暮らしていた人たちの生活の様子を、人や残されたものから探るって面白そう。
人文地理学って興味あるなぁ~。

ウネ婆さんが語る雨坊主の話もちょっと怖いけれど面白かったし。


波音(はと)に出かけそこに住む梶井さんと知り合ったことも調査をしていく上で
とても大事な出会いだった。
梶井さんと共に歩き、語らう場面も素敵だった。


そんな素晴らしい夢のようだった隠島での生活から50年後に終盤切り替わる。
秋野が島を訪れたのは昭和初期。
その50年の間には、戦争があって、多くのものをなくす。
なんとも辛い。戦争はやっぱり得るものがない。

秋野はその間、結婚し、子どもが出来た。
そして息子が偶然、隠島の開発事業に関わっていると知り、島を50年ぶりに訪ねる。


自然を壊し近代化していくのはある程度必要なことかもしれないけれど
なんだか空しい。
壊すのなら、そこがどんな土地だったのか、残すものが必要かも。
読みながら、いろいろ考えさせられた。

梨木さんの物語には、植物や生物が多く登場する。
それを後で調べるのも楽しい。
今回気になってどんな植物か調べたのが以下の2つ。


 
ミツガクワク・・・氷河期の生き残りかと言われる植物だとか。

 
ハマカンゾウ・・・ヤギが食べつくしてしまったと書かれていた植物。
そんなに美味しいんだろか??


ああ、美しく儚い夢のようなお話でした。


                         ★★★★★
PR




発行年月:2013年10月


 ここは天に近い場所なのだ——。『家守綺譚』以後を描く、心の冒険の物語。

亡き友の生家の守(もり)を託されている駆け出し文士、綿貫征四郎。行方知れずになって半年余りが経つ愛犬ゴローの目撃情報に基づき、家も原稿もほっぽり出して鈴鹿山中に分け入った綿貫を瞠目させたもの。それは、自然の猛威には抗わぬが背筋を伸ばし、冬には冬を、夏には夏を生きる姿だった。人びとも、人にあらざる者たちも……。

                   (新潮社HPより)


途中までは、植物に纏わる話が短編連作のように続く。
が・・・後半は、居なくなった愛犬・ゴローを鈴鹿の山のなかで見たと友人であり
菌類の研究者である南川から聞く。
そして、その山には、イワナの夫婦が営む宿があるとか?

鈴鹿の山へ出かける綿貫征四郎。
前作『家守奇譚』では、家のなかや庭くらいしか動きがなかったインドアの綿貫が
今回は、山のなかを歩き廻る、アウトドアの物語。


出会う人々(人とは限らないけれど・・・)も沢山。
掛け軸から度々、登場の高堂の出番は少なく最初は寂しいなぁ~なんて思いましたが
山のなかで出会う者たちとのやりとりが愉快。

人のようで、河童だったり、イワナだったり・・・・。
周りの人たちもそんな人だか、何者かよくわからない者たちとの共存を自然に
受け入れて生活している様が良い。

しかし、ゴローは山でどんなお役目をしていたのでしょうか??

表題の「冬虫夏草」は、サナギダケの話で出てくる。
南川が綿貫に説明した話をここに書きとめておこう。

サナギダケ=冬場、幼虫のうちに糸状菌の一種に感染し、菌糸が内部で増殖し
ちょうど、サナギになったときに体表を突き破って子実体が外に現れる。
根っこはサナギに繋がった状態。


実際、そんな不思議な状態の植物があるのかな?
後で調べてみよう。


今回も、多くの植物の話、勉強になりました。

物語も御伽噺と現実の中間のような、なんとも不思議なお話ですが
梨木さんの文章は、やはり読んでいて心地良かった!!


                           ★★★★★




21NsvfbmLrL__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2013年3月


鳥のように、雲のように、その土地を辿る。ゆかしい地名に心惹かれる----。

作家の胸奥の「ものがたり」がはぐくまれる場所に、滋養を与える旅の記憶。49の土地の来歴を綴り重ねた葉篇随筆。読む者の心も、はるばると時を超える。旅に持ち歩く「薬草袋」のなかの、いい匂いのハーブのブーケや、愛着のある思い出のメモの切れ端のような……日常を生きるときの常備薬ともなり、魂を活性化する、軽やかな愛蔵本。


                       (新潮社HPより)


今回は、物語でなく地名について書いたエッセイ。
この表題の鳥と雲はなんなくわかるけれど、薬草袋とは?と思ったのですが、
最初の「タイトルのこと」を読んで納得しました!


登場する地名は49。
知らない地名も沢山。
冒頭の地図で確認しながら、読みました。
ちょっと社会科みたいに勉強するかんじで楽しかった。

住んでいる静岡県の地名は1つも登場せず、少し残念でしたが
お隣の愛知県の<蒲郡>が登場!
でも、この地名、南アルプス市と同じように「新しく生まれた地名」の括りで出てきたのが意外でした。
明治11年に蒲形村と西之郡村が合併して蒲郡村となったとか。

こうして読んでみると、近くの町名とかもその由来がちょっと気になってくるなぁ~。

タイトルの下に描かれていた小さな挿画も素敵でした♪


★★★★★
 

41g7AMUpOpL__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年9月


祖国への変わらぬ熱情を静かに燃やし続けてきた人々の魂に触れた紀行。

エストニアの人々が歌う「我が祖国」とは、生れた土地のこと。そして、それは地球そのもの――スカンジナビア半島の対岸、バルト海に面したエストニア。首都タリンから、古都タルトゥ、オテパーの森、バルト海に囲まれた島々へ――端正な街並みと緑深い森、他国による長い被支配の歴史を持つこの国への九日間の旅の記録。


                                          (新潮社HPより)



あまり馴染みのないエストニアの紀行文。
バルト三国のひとつとしてソ連から独立した国?くらいの知識しかなかったけれど
紀行文を読みながら、自然豊かな国で暮らす人々の暮らしぶりがとても素敵に思えた。

梨木さんはコウノトリに出会えることを期待していたのですが・・・・
そこに居た形跡だけで実際に姿を見ることはなかったのが少し残念。
写真で見ると、びっくりするようなところに巣をつくるのが面白かった!

エストニアの、歴史をみると・・・
ドイツやデンマ-ク、スウェ-デン、ロシア、ソ連の支配下に置かれていた国。
ロシア軍が攻めて来る恐怖に怯えながら暮らした時代、地下にトンネルを掘り巨大な迷路のような
地下通路を40年かけて造ったりしたそうだ。
写真で見ると地上の道と変わらないかんじ。

唯一の良き時代はスウェ-デンによる統治下時代だったそう。
その時代に築いたものが今も残っているのは良かった!

梨木さんたち日本人に対しては友好的だったのも嬉しい。

お年寄りたちの描写がなんだかすごく可愛らしい。
蛭を使った民間療法をする、ちょっとエッチなおじいさんの話は愉快だったなぁ~。
ちょっと不思議現象の起きたホテルでの話も興味深かった。

本の中ほどにある写真集もとても綺麗。
同行した木寺紀雄さんの写真。



全く知らなかったエストニアのことを少し知ることが出来て
いろいろと楽しめた1冊でした♪


★★★★★
 
 
41V9ckahQhL__SX230_.jpg   発行年月:2012年4月


   強くたくましく人生を切り開いていくシングルマザーのビルドゥングロマン!




   珊瑚、21歳。生まれたばかりの赤ちゃん雪を抱え、
   途方に暮れていたところ、様々な人との出逢いや助けに支えられ、
   心にも体にもやさしい、惣菜カフェをオープンさせることになる……。


                                         (角川書店HPより)


変わったタイトルだな・・・と思ったら登場人物の名前だったんですね~。

山野珊瑚は家庭の金銭的事情で高校を中退。
母親とは別れて暮らし、20歳で結婚するけど、すぐに離婚。

子ども・雪は知り合いの助産婦見習いの友達・那美に取り上げてもらった。

生まれたばかりの雪と共に食べていくためには働かなくてはならない。
どうしたらいい?そんな状況で見つけた「赤ちゃん、お預かりします」の貼り紙。
貼り紙の主は、薮内くらら。
珊瑚の救世主とも言うべき人物になる。

くららさんの作る料理が全部おいしそうだった~!
美味しい料理は、人を前向きな気持ちにさせてくれるんだなぁ~とつくづく思った!

赤ちゃんの雪を、くららに預けて、以前勤めていたパン屋さんで働く珊瑚。
しかし、パン屋さん夫妻は近いうちに外国に行くという。
さて、どうする?

珊瑚は、パン屋さんでの日々とくららの作る料理やいろいろな料理法を聞くうちに自分でもからだに良い「食」を提供したいと思い、カフェ&お惣菜のお店を開くことに決める。


オ-プンまで大変なこと。
経営面(資金繰り)のことやらカフェメニュ-についてなどを乗り越えて無事にオ-プン。
オ-プンしてからも大変なことだらけだけど、周りの人の助けをかりながら、乗り越えていけそう。


単なるサクセススト-リ-に終わってないところは、さすが、梨木さん。
珊瑚と母親との関係。
珊瑚と元・夫とその母親との関係など、いろいろな難しい感情面についても触れながら
人は一人では生きていけないし、人に助けてもらう為にプライドもときには捨てなきゃ生きて行かれないんだな・・・・


そして、食を提供するって母親なら毎日、子どもたちにしていることだけど、改めて、とっても大事なことなんだから毎日、手抜きはしても愛情は込めなきゃなぁ~なんて思ったりもした。



あと、こんな素敵なお惣菜カフェが実在したら、いいなぁ~なんて。

★★★★★
 
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]