忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439
603c6f3b.jpg発行年月:2010年5月

あなたの恋人はほんとうに「理想の人」ですか?

高校卒業と同時に上京した佐川夏実は、アーティスト・デビューの夢を追いながら、吉祥寺でストリートライブをしていた。彼女が歌う『不在証明』という曲は、おぼろげな記憶の中にいる「彼」のことを歌っていた。それは「彼」との写真もあるが、「彼」が誰なのか夏実にはまったく思い出せないという彼女の不思議な体験を歌ったものだった。一方、吉祥寺の私立大学に通う伊神雄輝は、自ら主宰する学生サークルで、世間に流布する数多の“都市伝説”の謎を追っていた。現在のもっぱらの話題は、「イレイザーヘッド」という謎の人物によって人々の記憶が突然消されるというものだったが、あるとき雄輝の携帯に奇妙なソフトが届く。それを使えば、誰でも「理想の人物」を生み出すことができるという触れ込みで。この都市伝説は単なる噂なのか、それとも……。書店員さんからも大反響。新作発表ごとに新たな顔を見せる実力派作家・平山瑞穂が、壮大な愛と存在証明の物語に取り組む。著者渾身の最長編にして新たなる代表作が誕生!

                                         (小学館HPより)


マザ-っていう表題から勝手にヒュ-マンドラマかと思ってました^^;
最初は、結構明るいかんじで、プロのミュ-ジシャンを目指して地方から上京して、ストリ-トライブなどをしながら頑張っていく女の子のサクセススト-リ-が軸かと・・・。

でも、違うんですね~。
主人公・夏実には、ちょっと気にかかっている事があるのです。
夢で見る見知らぬ男性と自分。男性は自分の恋人の様子。
でも覚えがない。
そして、ある日、実際にその男性と二人で撮った写真が自分の部屋から見つかる。
やはり、記憶がない。家族や知人に見せても「知らない人」と言われる。

段々、SFっぽい話になって行きます。
そして、結構それはスケ-ルが大きい話になっていって・・・・

登場人物もどんどん増えていくし、話もすごく入り組むのだけど、
わかりやすいのでちゃんと付いていけました(^^)

大学生の伊神の真実を知った後の苦悩の様子がこちらにも伝わって切なかった。
彼の決断も。
ラストも切なく哀しい。

けれど、読後感は悪くない。

うん、面白かった!!

今まで読んで来た平山さんの作品とは大きく異なる作品だけど、こういうのも好き!
文章はやはり巧い!

★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]