忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2304]  [2303]  [2302]  [2301]  [2300]  [2299]  [2298]  [2297]  [2296]  [2295]  [2294


発行年月:2019年12月

すぐそこにある未来は、こんな奇妙なものかもしれない。

廃墟化した高層マンションの老人が消えるわけ。汎用型AIが人を超えた時に起こる異変。
アグリビジネスから逃れた種の行き先――。
『小さいおうち』『長いお別れ』の著者が贈る、初の近未来小説。

とつぜんあの女があらわれた日は、雷鳴が鳴り響き、雹がばらばら降った日だった。しかも、あろうことか彼女は海からやってきたのだ。ドーニを一人で操縦して――「キッドの運命」

十四歳のミラは、東洋人の祖母が暮らす田舎で夏休みを過ごす。おばあさんばかりがいるその集落には、ある秘密があって――「種の名前」

人工多能性幹細胞から作った子宮? ぼくは、寝起きの顔をぶん殴られたような衝撃を受けた――「赤ちゃん泥棒」 他、全6編。

                  (集英社HPより)



近未来の物語?
こんな未来、来たら嫌だな~という話は殆ど(^^ゞ


生殖系の研究はどんどん進んで、この短編のなかのような
ことも実際に起こり兼ねないなぁ~と思った。

<赤ちゃん泥棒>みたいに男が妊娠して出産することも
不可能じゃなくなったりして・・・

DNAとか人の手で操作されて
高い知能を持った者が生まれて来て
ふつうに生まれた人間なんて下等動物みたいな扱いにされる?
<キッドの未来>は、この短編集の中でインパクトあったな~。


最後の<チョイス>も、これに近い選択ができる未来が来るかも?
少しずつ健康を失っていくサプリ<チョイス>。
目指す年齢で死ぬことが出来て、痛みも感じずその時を待つというもの。
こういうの選択するのは、難しいな。
選びきれず、悶々としながら生きることになりそう(^^ゞ


SFっぽい短編は、読んでいるときは、まあ楽しめるけど
すぐ忘れちゃいそう。
中島さんには長編を読ませて欲しいなぁ~


                ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]