忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2308]  [2307]  [2306]  [2305]  [2304]  [2303]  [2302]  [2301]  [2300]  [2299]  [2298


発行年月:2019年12月


月刊『なごみ』の連載(2017年7月〜2019年6月)「能楽ものがたり」をもとに加筆。能の曲目のストーリーを下敷きにした8編の時代小説集。「やま巡り─山姥」「小狐の剣─小鍛冶」「稚児桜─花月」「鮎─国栖」「猟師とその妻─善知鳥」「大臣の娘─雲雀山」「秋の扇─班女」「照日の鏡─葵上」。

                  (淡交社HPより)


能は、まったく知らないけれど、読みやすく、後で元の話を調べて読んだ。

人間の色々な感情を舞いで表現する様子を実際に見てみたいなぁ~。

やはり表題作の<稚児桜  -花月ー>が印象的だった。
親に売られてきた少年たちのなかでも花月は、その可憐さで稚児として
清水寺門前の者たちから特に可愛がられていた。
けれど、寺男や自分より年下の稚児たちには意地悪。

ある日、花月の父親らしい男が息子を引き取りたいと訪ねてくるが・・・


花月は、どんな思いで父親らしき男との別れを選んだんだろう。
切ない。
自分を捨てた親を今度は自分が捨てる。

そして同い年で稚児暮らしに全く馴染まない百合若を自分の代わりに
父親に引き合わせる企ては、なんとも賢い。

花月なら、きっと上手く世渡りしていくんだろうなぁ~。


澤田さんの短編集、面白かった!


                       ★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]