忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2049]  [2048]  [2047]  [2046]  [2045]  [2044]  [2043]  [2042]  [2041]  [2040]  [2039



発行年月:2017年1月


2017年 第15回
『このミステリーがすごい! 』大賞
大賞受賞作


治るはずのないがんは、
なぜ消滅したのか――


余命半年の宣告を受けたがん患者が、
生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、
病巣がきれいに消え去ってしまう――。
連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。
医師・夏目とがん研究者・羽島が謎に挑む!


                       (宝島社HPより)




一気読みでした!
凄い話だなぁ~。
著者の経歴を見たら・・・なるほど・・・と思った。

国立がん研究センター、放射線医学総合研究所で研究に従事。
現在、医療系出版社に勤務。


主な人物は・・・
がんセンター医師・夏目と親友であり、同じ医師だが臨床経験なしで
研究室勤務の羽鳥。

夏目の恩師である西條。
その下で働く優秀な女性医師・宇垣。


治るはずのない末期がんが治った例が幾つか続き、その真相を追う話は
なるほど・・・そういうのは可能かも。と思えるリアリティさ。
医学用語が多いので、医療従事者じゃないとちょっと難解かも?
でも面白かった!
そういう発想が出来るのはやはり、元研究社の著者だからでしょうね。


自分の娘を奪った犯人を捜すと言っていた西條。
大学病院を去ったあと、彼がやりたかったことを進めていく。
恨みを果たすのだけど、そのやり方が医者ならでは。

そして、そんななか知る真実。
やっていることは犯罪っぽいけど、なんだか同情する。
辛い。

でも最後の最後に、この後の西條の生き方を変えそうな展開にビックリ
したけど、ちょっとホッとした。


ああ、面白かった!
これ、ドラマ化したのを本をまだ読んでなかったのでスルーしちゃったけど
録画しておけば良かったな~。


しかし、二作目、これを超えるもの書くのは大変そう。

でも次回作出たら、絶対、読みたい!!


                        ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 5 7
10
16 18 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]