忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2043]  [2042]  [2041]  [2040]  [2039]  [2038]  [2037]  [2036]  [2035]  [2034]  [2033



発行年月:2017年6月

ちょっぴり怖い、だからおもしろい。

これぞエンタメ!!
前代未聞の「ミステリー短編バトンつなぎ」

「宮辻薬東宮」(みやつじやくとうぐう)

宮部みゆきさんお書き下ろし短編を辻村深月さんが読み、短編を書き下ろす。その辻村さんの短編を薬丸岳さんが読み、書き下ろし……今をときめく超人気作家たちが2年の歳月をかけて“つないだ”ミステリーアンソロジー。

                  (講談社HPより)




豪華な作家陣!

ホラーテイストのアンソロジーだけど、夜、寝る前に読んでも平気だった^m^

<人・で・なし   宮部みゆき>
中学生の時に体験した不思議なこと。
新居に引っ越した先で不可解な現象が・・・。
新居の前で家族写真を撮る。家のなかの写真を撮る。
するとあるものが上手く写らない代わりにない物がそこに写る。
それから家族全員がノイズが聞こえるようになり体調を崩したりと不幸がつづく


<ママ・はは>
親友の母親の話を聞く。
自分の思い通りにさせる母親が疎ましく、決定的に我慢できなかったことは
成人式の着物を買ってくれるというので選んだ着物を購入後、クーリングオフした
こと。
しかし、友人が見せてくれた成人式の写真は、友人が気に入って買って貰った
という色の着物。その隣の母親とは、仲良さそうに写っている。


<わたし・わたし   薬丸 岳>
16歳で家出して東京に出た由香里。
お金もなく困っていたところを助けてくれた怜治。
だが、怜治は詐欺師だった。そして危く殺されそうになった。
怜治は逮捕され、由香里は保護され家出人と言う事で父親が身元引き取りに
来る。
が・・・・父親が警察に来て、娘の家出は12年前のことと。


<スマホが・ほ・し・い   東山彰良>
スマホがほしいと母親に頼むがムリそう。
でも壊れたスマホを手にいれた春陽。
そのスマホは、人が死ぬ時間と場所を教えてくれるスマホだった。


<夢・を・殺す   宮内悠介>
子どものころからコンピューターのプログラミングが趣味。
従兄弟と趣味でゲームソフトを作っていた。
成人して入った会社も最初はゲーム開発の会社だったが、今はパチンコ台の
ソフト開発をしている。開発中のプログラムに幽霊パグが頻繁に発生し
その処理に追われる日々。




やはり、読みやすく面白かったのは前3人。
残り2つは、悪くないけど、ちょっと読みにくかったかな?


特に宮部さんと辻村さんの作品は、リンクしている感じで面白かった!
写真が共通の題材。

写真ってホラー話には、よくあるし、ぞわぞわした。


因みに皆さんの記念撮影が講談社HPにありました。


 
こういうアンソロジー楽しいな。


                        ★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]