忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1921]  [1920]  [1919]  [1918]  [1917]  [1916]  [1915]  [1914]  [1913]  [1912]  [1911



発行年月:2017年4月


 大阪で鷹匠として働く夏目代助。ある日彼の元に訃報が届く。12年前に行方不明になった幼い義弟・翔一郎が、遺体で発見されたと。孤児だった代助は、日本海沿いの魚ノ宮町(おのみやまち)の名家・千田家の跡継ぎとして引き取られた。初めての家族や、千田家と共に町を守る鷹櫛神社の巫女・真琴という恋人ができ、幸せに暮らしていた。しかし義弟の失踪が原因で、家族に拒絶され、真琴と引き裂かれ、町を出て行くことになったのだ。葬儀に出ようと故郷に戻った代助は、町の人々の冷たい仕打ちに耐えながら、事件の真相を探るが……。『雪の鉄樹』で最注目の新鋭が濃密な人間ドラマを描く、最高傑作!

                    (東京創元社HPより)



冒頭の愛美の遺書から始まる物語。
愛美は自殺だったが、物語のなかには、もう一つの事件。
まだ幼かった翔一郎の行方不明事件。やがて誰かの手によって殺されたことがわかる。


物語の主人公・夏目代助が以前、暮らしていた海沿いの町での話に戻る。
代助は孤児として施設で暮らしていたが、千田雄一郎・京香夫妻の元に。
跡継ぎとして鷹匠の仕事を仕込まれる。
が、後に千田夫妻に翔一郎が生まれ、千田家の跡取りとしては不要な存在になった
代助。
それでも翔一郎の兄として今まで通り、日常を過ごす代助だったけれど、
翔一郎の失踪に何らかの関与があるのではと町中の皆から疑いの目を向けられる。


代助の気持ちが痛々しい。
神社の巫女・真琴との恋の行方も気になった。


そして終盤、次々わかる事実にビックリ!
えぇ~?そういうことだったんだぁ~!!


遺書を遺し自殺した愛美も本当に気の毒な人生だったとわかる。

なんだか気持ちがズ~ンと重くなる物語だったけど、最後にちょっと明るい兆しも
見えたかな?という終わりが救い。
この後、どうなるんだろ???
あれこれ想像しちゃう。


一気読みの面白さでした!


                        ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]