忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1813]  [1812]  [1811]  [1810]  [1809]  [1808]  [1807]  [1806]  [1805]  [1804]  [1803



発行年月:2015年9月

殺人者は極刑に処すべきだ。親は子の罪の責任を負うべきだ。
周囲は変調に気づくべきだ。

自分の子供が人を殺してしまってもそう言えるのだろうか。

読み進めるのが怖い。だけど読まずにはいられない。
デビューから10年間、少年事件を描き続けてきた薬丸岳があなたの代わりに
悩み、苦しみ、書いた。
この小説が、答えだ。

                    (講談社HPより)



仲が良かったと思っていた同級生を14歳の少年・翼は殺害した。
重苦しいテーマですが、少年犯罪について読みながら、いろいろと考えさせられた。

加害者少年・翼は、両親が離婚し、母親と二人暮らし。
母親は仕事で留守がちで夜の帰宅も遅く、放課後は友人たちが来る日が多かった。
被害者になった少年・優斗もその一人で、母親が4年前病死した後、弁護士の父親が
再婚した。
お互いの境遇に似たものを感じ、翼と優斗は親しくなったのだけど・・・・。

事件の真相をなかなか語らない翼。
でもその真相を語り始めると・・・
なんだか胸が痛くなって、本当に辛かった。
自分の子どもが翼だったら・・・と思うと堪らない。
親はどうするべきだったんだろう?
後悔だらけの日々になるでしょう。

また被害者の弁護士の父親の感情も納得。

皆の言葉がそれぞれ痛いほどよくわかる。


翼が父親に投げかける言葉が印象的
「心とからだとどっちを殺したほうが悪いの?」。

冷静に考えればからだを殺した方が悪いに決まっているけれど、父親が即答できなかった
気持ちも充分わかって辛い。

しかし、少年法はやはりちょっと甘くないかな?とも思ってしまった。
模範的態度で少年鑑別所で過ごしたからと言って数年で社会復帰できるのは・・・・。
本人の為にももう少し違う段階を踏んでからの方がいいんじゃないか?
難しい問題だ。

子どものSOSに敏感に反応できる親でありたいけど、それもまた難しいことかな?
親以外に身近な発信場所があること(福祉関係で)を学校教育のなかでも
子どもたちに頻繁に教えることも必要かも。


                          ★★★★
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]