忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1732]  [1731]  [1730]  [1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723]  [1722



発行年月:2015年5月


 深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所がある。それは〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。豆を売っている横で、実際にコーヒーを飲むことも出来る。深瀬は毎日のようにここに来ている。ある日、深瀬がいつも座る席に、見知らぬ女性が座っていた。彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。その後もしばしばここで会い、やがて二人は付き合うことになる。そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が送りつけられたのだ。だれが、なんのために――。
深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、ある出来事を美穂子に話し始める。全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。真相を探るべく、深瀬は動き出す。

                     (講談社HPより)


*ネタバレ含みますので、未読の方は読まない方がいいですm(__)m


大学時代の夏休みに起きた事故。
社会人になって、そのことを蒸し返す告発文が、深瀬和久の元に届き
同じようなものがその事故に関わった友人たちの元にも届いていると知る。

告発文を出した犯人は、事故で亡くなった広沢由樹の彼女だった。

その彼女は、事故に関わった者たちにそれぞれ接触し、彼が仲間たちの
中でどんな風に過ごしていたのかを知ろうとする。
復讐をするというよりも、彼が仲間たちのなかでどんな立ち位置だったのか
知りたかったんだということがわかって来て、少しホッとした。

一番親しい関係までになったのが、深瀬。
深瀬の行きつけのコーヒー豆専門店で出会い、深瀬は告発文のことも美穂子本人に
告白していた。

告発文が届いた仲間のなかで、唯一危ない目に遭った谷原。
そこには美穂子なりの理由があり、つい行動を起こしたという。


が・・・・驚愕の事実はラスト2頁に!!

えぇ~っ!
こんな事実を知った深瀬は、どうなるんだ????
気の毒過ぎる。
ずっと罪の意識を背負って生きていくって事?


最後の最後にがーん!と衝撃を受けてしまいました。


オセロが全部、逆の色にひっくり返されるかんじ。
タイトルの意味がよくわかった!

さすが、湊さん! お見事です!


                         ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]