忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1733]  [1732]  [1731]  [1730]  [1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723



発行年月:2013年1月


 27年前に土砂崩れで半壊したラブホテルを探索に訪れた帝都大学の廃墟探索サークルのメンバー5人。一行がホテルに足を踏み入れた途端、土砂崩れがおこる直前にタイムスリップし、土砂崩れがおこるとまた事故の前に戻されるタイムループにはまり込んでしまう。ループから抜け出すには事故で亡くなった1人を特定するしかない!? 5人は、1人ずつ建物に残って、土砂崩れに遭遇する実験を始めるが——。極限の状況で噴出する5人のエゴと愛憎を容赦なく描き出す、著者畢生の新感覚ホラー。

                    (文藝春秋HPより)



5人の廃墟探索サークル「ときたび」の面々が土砂崩れで死亡者を1名だした
廃墟ホテルに潜入。
土砂崩れが起き、驚くが事故が起きた時間に再び戻る。
そしてそれがループ。
ループから抜けるには、犠牲者1人を特定するしかないと
メンバーが1人ずつ土砂に埋もれるホテルに残ることに。


一人残される者たちそれぞれの行動、考え方に本性が現れ面白かった。
皆から憧れられる、まどかが腹黒い性格だとわかって幻滅したし、
自信満々の野間坂にもうんざり。

最後は、大人しい秋穂もちょっと怖かった。
リーダーの葦原は、皆を巻き込みながら自分の探究心を満足させてこれまた
勝手な人。

日吉くんが唯一、善良な人かな?とも思ったけど、まどかを見捨てることに
躊躇なく、結構、残酷。


う~ん。登場人物たち、全員なんだか嫌な人たちでした。

後味は悪いけど、どんどん読み進めたくなる面白さもあったかな?


                        ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]