忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1494]  [1493]  [1492]  [1491]  [1490]  [1489]  [1488]  [1487]  [1486]  [1485]  [1484
 


発行年月:2012年12月

 

この街でなら、明日が変わる。
海が見える市立図書館で働く20、30代の4人の男女を、誰も書けない筆致で紡ぐ傑作連作中編集。

一年あれば、奇跡も起きる。

●「マメルリハ」……7月、僕の変わらない日常に異変が起きた。
●「ハナビ」……11月、私のまわりで違う何かが起きている。
●「金魚すくい」……2月、俺はまた理解されずに、彼女を待つ。
●「肉食うさぎ」……5月、わたしの誕生日を祝う人がいる街で。

                      (講談社HPより)




とある市立図書館で働く人たちの物語。

主人公が代わりながら連作形式で進む・


<マメルリハ>
図書館司書の本田31歳(男)。
インコのマメルリハと暮らしている。
毎日何んら変わらぬ日常に、新しく派遣職員として来た鈴木春香の存在が
彼の日常を変えていく。


<ハナビ>
図書館司書の日野25歳(女)。
花火大会のとき、先輩の本田が亀すくいですくってくれた亀をハナビと名付けて
飼っている。
本田に好意を抱くが本田は自分に恋愛感情はなさそう?


<金魚すくい>
本田と同期の松田。
図書館と併設する児童館の職員として働く。
女子中学生を恋愛対象として特別な感情を抱いているが、本田以外はそのことを
知らない。


<肉食うさぎ>
図書館の派遣職員の鈴木春香25歳。
うさぎのデニーロと住んでいる。
アイドル並みの容姿。
デニーロを売っていた男と以前付き合いDVに悩まされて逃げてきた。
図書館での契約は1年。


4人の男女のそれぞれのこと。
それぞれの人間関係の絡みが面白かった。
本田と春香は、相思相愛に徐々に展開していくのが読んでいて楽しかったけれど
日野と松田の関係は、どうなんだろ?
松田は急に辞職したというけれど、その後、どうしているのやら???
過去に起きたことも何やら深刻で、一番、今後のことが心配な松田の
その後が分からず仕舞いというのがちょっと不満だな~。


もしかして続編ありってこと?
でも、これ2012年発刊なんだよね。
その間続編らしきものはないかんじだしなぁ~。


                           ★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]