忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1367]  [1366]  [1365]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360]  [1359]  [1358]  [1357



発行年月:2014年6月


 弟の葬式のため、10年ぶりに香川に帰ってきた健太郎。そこには堅ブツうどん職人のオヤジと情熱あふれる弟子の京香、そして個性豊かな仲間が待っていた。遺品のカセットテープに録音されていた弟からの謎のメッセージが、夢破れた健太郎の人生を少しずつ変えてゆく。厳しい修行のはてに健太郎は弟との約束をはたせるのか? 一杯のうどんがみんなを繋ぐ、感動のうどん小説できました!

                       (文芸社HPより)




3章からなる1つの物語。
ロックスターになる夢が破れ、弟の葬儀のため10年ぶりに香川の実家に帰って来た
健太郎。
実家は、うどん屋。
味には定評がある店。
父親とは仲違いしたまま。


最初の<さんぽナビ>は、弟が遺したカセットテープ。
玄関で待っているから散歩しようと先ずは吹き込まれていた弟・仁亜(ニア)の声。
そのテープの声に従って、散歩しながら、仁亜と関わりのあった人に会っていく。

楽しかったなぁ~。
もう既にいない仁亜の優しい人柄もわかって温かい気持ちになれた。



次の話<夏祭りとマスクマン>は、商店街の夏祭りのイベントだった「青空プロレス」が
19年ぶりに復活する話。
ラストの試合は、寿仮面と悪役の対戦。
寿仮面は、がりがりの高岡薬局。悪役は、ムキムキマッチョの紳士服店、入山。
どう考えても高岡に勝ち目はない。

これは、なかなか感動的な話でしたぁ~。
いい商店街だな。


最後は、殺人事件もありの<うどんの時間>。
殺人事件の被害者は、うどん屋で見習いの修行中の京香の元カレ。
犯人はだれ?

ちょっとしたミステリー話が最後でしたが、最後は事件も無事解決し
うどん屋の雰囲気も和やかでめでたしめでたし。
確執のあった父と息子の雰囲気も、少し和らいでいいかんじ♪


ああ、うどんが食べたくなってきたぁ~(笑)。


                            ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]