忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1272]  [1271]  [1270]  [1269]  [1268]  [1267]  [1266]  [1265]  [1264]  [1263]  [1262




発行年月:2014年1月

家庭に恵まれなかった里里は、シングルマザーとなって娘と暮らす。
過去に囚われる晴美は、女性の自立を援助する団体の代表を務める。
母親から棄てられた朋子は、かたくなに家族を否定しながら生きる。
戦地から戻った夫とすれ違う加寿は、大切なものを信じて家を出る。

すべては彼女が必死に生きてくれたおかげなのだ。
あたしもまた、誰かにつながるような生き方をしたい。

女がひとり、必死に生きてきたその証
その家に遺されていたのは、日々の暮らしが記された家計簿。
そこには「男と駆け落ちして心中した女」の秘密が隠されていた。
「母親ウエスタン」で注目の作家が放つ、世代を超えた女たちの物語

                    (光文社HPより)


主人公・瀧本里里(32歳)の元にある日、家計簿が送られてくる。
昭和17年から昭和24年までの家計簿のなかには、日々の出来事と共に
書いた人の思いが綴られていた。

その家計簿の持ち主は、五十鈴加寿。
母から聞いていた、その人は、祖父・善吉の妻であった女性。
つまり里里にとっては祖母に当たる人。
しかし、祖母は、母がまだ幼いときにほかの男の人と心中したと聞かされていた人。


里里の両親は中学生の時に離婚し、母親・朋子と二人暮らしをしてきた。
しかし、里里は、昔から朋子のことがよくわからない。
父は母と別れたあと、他の人と再婚し、子どもも出来たが、里里が大学生の時に
亡くなった。


祖母の家計簿を手にし、中に書かれている日記のようなものを読む里里。
母親から聞かされていたイメージとは少し違うことに気付く。
そして、祖母のことを知るNPO活動をしている女性・三浦晴美と知り合い
加寿がどんな人だったのか、だんだんとわかってくる。

母は祖母を誤解していた。
その真実を伝える終盤は、複雑な心境になりました。
真実をもっと早く何らかの方法で知っていたら、もしかしたら朋子の生き方も
変わっていたかもしれない。
なんて考えたら切なくなった。
それでも知らずにいるよりは、良いことだと思うけれど・・・・

なんとなくギクシャクしていた、里里との関係も少しずつ和やかなものに
なるといいなぁ~。


そういえば、わたしの母も生命保険会社が毎年くれた家計簿の上段に
日記のようなメモ書きをいたなあ~。
ちょっと前の家庭の主婦は、みんな同じようなことしていたのかも。
彼女の家計簿=彼女の生きざま。



読み応えあり面白かった!


                       ★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]