忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161



発行年月:2013年8月


 麻酔医の貴之は、妻と一緒に行ったコンサートで不思議な夢を見る。粛な悲しみをたたえながら演奏する女性の姿だった。夢のことが頭から離れず、彼女の手掛かりを求めるうちに、意外な事実を知る――。「ミストレス」
ゲリラ活動を追っていた勝太郎は、十二年ぶりに日本へ戻る。音信不通にしていた妻のもとを訪れると、以前と変わらない態度で出迎えてくれた。だが、彼女には隠された秘密があった……。「宮木」

                   (光文社HPより)



官能的で不思議な話が5つ。
ちょっと篠田さんの今までの作品とは雰囲気違うかんじでしたが、まあまあ
楽しめました。


<ミストレス>
麻酔医の貴之は、妻とコンサートに行き、疲れからかウトウトしながらも不思議な
情景を見る。その場には居ないはずの演奏者の女性の姿を後日、折に触れ思い出す。
そして、その正体を知る。


<やまね>
恋人が居るのに、恋人の友人女性-・結衣と関係を持つ翔。
結衣は身長141cm、いつも眠そうで体力がなく、体は冷たい。


<ライフガード>
新婚旅行先のタイで、亡くなったと聞いていた元恋人とウリふたつの男性を見かける。
彼はタイ人で名前も違った。
ホテル近くの海でライフガードとして働いている。


<宮木>
ジャーナリストとして近隣の部族地域を移動しながら10数年現地の反政府武装勢力と
行動を共にしていた勝太郎。
共に行動していた通称・ヤスミンという女性の死を機に12年ぶりに帰国。
妻が住むマンションに帰るが、妻の容姿も周りの雰囲気も様変わりしていた。


<赤い蕎麦の実>
アルコール依存症から立ち直るために参加した農業活動。
そこのリーダー的存在の女性・岡野と知り合う。
そして彼女の背後には、ある宗教団体の影。



表題作の「ミストレス」は、なかなか雰囲気があって良かった。
ミストレスとは?愛人の意味もあるそうですが、
ここでは、コンサートミストレスのこと。
コンサートマスターの女性版をそう呼ぶそうで、オーケストラの主席奏者の
意味だとか。
なるほど・・・ひとつ勉強になりました^^;

官能的な話が多いなぁ~と思ったら、そういう趣向のものを書くという元で
書かれた作品たちだったとか。
ちょっと篠田さんの作品には今までなかったかんじで違和感ありでしたが
まあまあ全体的には面白く読めました。

「やまね」と「ライフガード」が個人的には面白かったかな?

しかし、篠田さんには、やはり長編作品を読ませていただきたい。


                            ★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]