忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104




発行年月:2013年3月

大学生の望月良夫は愛車のデミオ運転中に、偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。だが翌日、翠は事故死する。本当に事故だったのか? 良夫とその弟で大人びた小学5年生の亨は、翠を追いかけ回していた芸能記者・玉田と知り合い、事件に首を突っ込み始める。姉、母まで望月一家が巻き込まれて、謎は広がるばかり――。
朝日新聞夕刊の人気連載が待望の単行本化。物語の語り手はなんと本邦初!?の「車」。町を走る様々な車たちの楽しいおしゃべりが全編にさんざめく、前代未聞のユーモアミステリーにして、のんきな長男・大人びた弟…と個性的なキャラが揃った家族の暖かいエピソードに溢れた、チャーミングで愛すべき長編家族小説!

                    (朝日新聞出版HPより)


緑のデミオが主役の楽しい物語。
車の所有者は、望月家。

母・郁子
長男・良夫(20歳の大学生)
長女・まどか(17歳の高校生)
次男・享(10歳の小学生)

車を運転するのは、母親と長男の2人。
そして、良夫がデミオ運転中に出会った、女優・荒木翠がその後、事故死するという
ニュ-スを知り、その事件に首を突っ込んでいく。
小学生の享が常に冷静沈着。
大人びているゆえ、学校では苛められていると、淡々と告白もする。

女優を追跡取材していた玉田憲吾とも知り合い、接していくうちに、荒木翠の事故死の
真相を推理していく享。

デミオの話相手は、すれ違う車だったり、出先の駐車場で隣になった車だったり・・・
車同士で互いに情報交換している様子も愉快だった。
でも、一番の話相手は、隣家の車・ザッパ。
それぞれの所有者の家族のことを、よく理解していて
車がこんな風に思っていてくれたら楽しいだろうなぁ~なんて思った。


家族と居られるっ時間は限られているとデミオとザッパが会話しているところは
なんだかジ~ンとしたなぁ~。
一台の車は10年もしたら乗り換えるからね・・・。
ちなみにわたしは、今の車をそろそろ乗り換えようかと思っているので余計
そんな車同士の言葉が沁みました。


最後のエピロ-グは、嬉しかった♪
伊坂氏らしい気の利いたラストにも、にんまり(^^)

楽しい物語でした!!
 
 
                        ★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]