忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [814]  [813
51ahQYFNW-L__SX230_.jpg   発行年月:2012年3月


   図書室の本に挟まれた、
   助けを求めるメッセージ。
   あなたは誰?

    若美谷中学1年5組の塚原マチは、
    自分の意見を主張できない、頼み事を断れない、
    そんな性格を直したいと思っている。

ある日、図書室で本をめくっていると、一枚の紙が滑り落ちた。
そこには、ていねいな文字で「サクラチル」と書かれていた。
貸出票には1年5組と書いて、消された跡がある。

書いたのは、クラスメイト? 

その後も何度か同じようなメッセージを見つけたマチは、
勇気を振り絞って、返事を書いた。

困っているはずの誰かのために--。(「サクラ咲く」他2編収録)


                                     (光文社HPより)



3編の青春小説が収められていて、どの話も良かったぁ~。

最初の「約束の場所、約束の時間」は、SFっぽい話。
100年先の未来から現在の中学2年に転校してきた菊池悠を巡っての話。
自分のことより大事な友達のことを気遣う中学生たちの姿が清清しい。
最後はちょっと切なかったけど、離れていても忘れないでいるっていいな。


表題作は「サクラ咲く」は二番目の話。
こちらも舞台は中学校。
中学生になったばかりの一年生。
自分の考えをはっきり表に出せないことを悩む塚原マチが、少しずつ変わっていく様子がよかった。
周りの同級生もみんな良い子たち。
そして見た目は明るく活発な子も心のなかでは、それぞれの悩みがある。
そんなお互いの悩みも信頼できる仲間がいれば自然と克服できることってある!と思わせてくれる。


最後は高校生の物語「世界で一番美しい宝石」。
映画同好会の2年生男子3人が映画の主役になってくれる人材を探し、3年生の元演劇部・立花亜麻里に声をかける。断られ続けながらもめげない3人。
亜麻里の演劇部をやめた理由がわかってからの展開がおもしろかった。
亜麻里も3人にきっと救われたんだろうなぁ~。


これは対象が中学生以上とあるからそのくらいの年代向けに書かれた作品でしょう。
でも、大人が読んでも十分、楽しめる作品でした!

表紙の絵もかわいい(^^)


★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ラブラブラッキ-さんへ
はい!
読みやすくて分かりやすい。
でも結構、感動できました♪
リンクしてると読んでいて、ちょこっと嬉しいですね

最近、こういうコミックっぽい表紙絵が多いように感じますが、個人的にはちょっと・・・・
これも対象が中学生~だからでしょうかね?
kyoko 2012/05/20(Sun)08:27:18 編集
無題
読みやすくてよかったですよね?
ちょこっとリンクしてたりしてそういう部分も楽しめましたね♪
ラブラブラッキー 2012/05/19(Sat)23:15:12 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]