忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2321]  [2320]  [2319]  [2318]  [2317]  [2316]  [2315]  [2314]  [2313]  [2312]  [2311


発行年月:1991年1月(単行本は1987年)


アメリカに行けば何かがある!単身渡米した先で待ち受けていたものとは……

語学力なし、忍耐力なし。あるのは貯めたお金だけ。それでも夢を携え、単身アメリカへ!待ち受けていたのは、宿泊場所、食事問題などトラブルの数々。あるがままに過ごした日々を綴る、痛快アメリカ観察記。

                    (角川文庫HPより)

          
群さんが20歳の時のアメリカ滞在記。
英語も喋れないのに・・・・って書いてあったけど
3か月の間に、アルバイトもするし、滞在地のモーテルの従業員やら
宿泊客やらともふつうにコミュニケーションとってるし
喋れないはずないでしょ~!

と思いながら読んでいました(^^ゞ

もし喋れないとしても、3か月間、ちゃんと生活して、人間関係も築いていく
って凄いなぁ~と感心しきり。


頼りのおばさんが、まったくアテにならなかったからこそ
こんな体験が出来たとも言えるから、まあ結果として、おばさん居なくても
良かったかも。


アルバイトもまた特殊。
下着や生理用品を作る会社。
群さんが「胸が大きく見えるデザインのは嫌」と言ったら皆に
驚かれたという話。
なるほど~。アメリカ人は出来るだけ、大きく見せたいだ~。
面白いなと感じた。

今から40年くらい前のアメリカの話だと思うけど、
アメリカ人が日本人に抱くイメージみたいなものも伝わってきて
なかなか面白かった。

エッセイだけど、物語のように読めた。


                     ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]