忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2058]  [2057]  [2056]  [2055]  [2054]  [2053]  [2052]  [2051]  [2050]  [2049]  [2048



発行年月:2017年11月


 

忘れなければ、生きていけなかった。

浅田文学の新たなる傑作、誕生――。
定年の日に倒れた男の〈幸福〉とは。
心揺さぶる、愛と真実の物語。

商社マンとして定年を迎えた竹脇正一は、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこまれた。
今や社長となった同期の嘆き、妻や娘婿の心配、幼なじみらの思いをよそに、竹脇の意識は戻らない。
一方で、竹脇本人はベッドに横たわる自分の体を横目に、奇妙な体験を重ねていた。
やがて、自らの過去を彷徨う竹脇の目に映ったものは――。

「同じ教室に、同じアルバイトの中に、同じ職場に、同じ地下鉄で通勤していた人の中に、彼はいたのだと思う」(浅田次郎)


                     (毎日新聞出版HPより)




集中治療室で意識が戻らないまま過ごす竹脇正一。

両親に棄てられ、施設で育つ。
懸命に勉強し、国立大学入学、有名企業就職。
結婚し、子どもも授かる。


正一の元に見舞いに訪れる家族、妻、娘の夫。
そして同じ施設で育った幼なじみの氷山。

会社の同期入社で今は社長の堀田憲雄。


意識はなくても、見舞いに来た者の声は聞こえていて、それに心のなかで
応える正一。
意識はなくても耳は聞こえるって、ある程度、事実かも。
病院勤務時代もそれは感じていた。
だから正一の家族たちが話しかける様子は、なんだか温かい場面だった。


体はベットの上でも、ほかの所に出かける正一。

正一の隣のベッドで同じく意識が戻らない榊原勝男とのお出かけは
正一の忘れていた感覚を呼び起こす元になる。


親に棄てられたと思って居た正一だけど、そうではなかった。

ちゃんと母親の愛情を受けていた。
それに気づけて良かった!

この後、きっと意識が戻って、家族に自分の体験した話を聞かせるんだろうな~
と想像すると、ほっこりする。


温かい物語だった!



                       ★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
4 6 7 9
11 13 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]