忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2057]  [2056]  [2055]  [2054]  [2053]  [2052]  [2051]  [2050]  [2049]  [2048]  [2047



発行年月:2018年2月


 
衝撃のラストが話題となり、映画もヒットした『縞模様のパジャマの少年』の原作者ジョン・ボインの作品です。

ドイツ人の父とフランス人の母との間に生まれた少年ピエロは、パリで暮らしていましたが、相次いで両親を亡くします。ピエロは、住み込みの家政婦をしている叔母のベアトリクスに引き取られることになりました。そして、なんとベアトリクスの勤め先はベルクホーフ、つまりヒトラーの山荘だったのです。
7歳の少年ピエロは、期せずして総統閣下と寝食を共にすることになります。
そして、ヒトラーにかわいがられたピエロは、その強いリーダーシップに憧れていたせいか、性格がみるみる変わっていきます。

『縞模様のパジャマの少年』の姉妹編ともいえる本書は、前作と同じように無垢な少年が主人公で、その純粋さゆえ、時代にはげしく翻弄されます。
ピエロがまわりの影響によって変わっていく姿には背筋が凍るものがあり、人間とはこんなに残忍になれる生きものなのかと読み進めるのがつらくなりますが、ラストに希望の光が感じられるのが、前作と大きく異なるところだと思います。
フィクションながら、歴史的事実に基づくことで、よりリアルに「人として、いかに生きるべきか」を考えさせてくれる稀有な物語です。

                 (あすなろ書房HPより)



表題から興味を持って読んでみた。
児童書の部類なのかな?
充分、大人でも楽しめる。

両親を亡くして孤児院に暮らすことに。
両親が居た時はアパートの下の階に暮らしていたユダヤ人のアンシェルと
兄弟のように毎日過ごし、離れても手紙でやり取りをする約束をした。

父親の妹・ベアトリクスが引き取りたいと連絡があり、少年は叔母の元へ。
叔母は、ヒトラー総統の屋敷で家政婦として働いているが、総統の許可を
貰ったと。

少年は総統とやがて会話するようになり、憧れを抱き、次第に考え方も感化されていく。
アンシェルからの手紙も捨てるようになり他の大人たちに対しても
高圧的な言い方を平気でするように。

そんな変化を憂いた叔母や、叔母と親しい関係にあった運転手のエルンストが総統を裏切ろうとしていることを告発。
2人は銃殺される。


世界情勢もわからず、少年にとっては、ヒトラーが信じるべき人となっていく恐ろしさ。

ラストは、それでも少しホッとするものになっていたので良かった。

色々な経験をして、自分を振り返り、自分が犯した罪を感じながら
親友・アンシェルと再び向き合うピエロ。


姉妹編とも言われる≪縞模様のパジャマの少年≫も近いうち、読んでみよう。


                       ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
3
5 6 8 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]