忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1902]  [1901]  [1900]  [1899]  [1898]  [1897]  [1896]  [1895]  [1894]  [1893]  [1892



発行年月:2016年12月


 

絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ!

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、スタッフ四人、カウンター七席、テーブル五つ。フランスの田舎を転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く名探偵でもあるのです。
豚足をめぐる少年と母親の再婚相手との物語、おしゃれな大学教師が経験した悲しい別れの謎、消えたパティシエが残した言葉「マカロンはマカロン」とは?……等々、胸を打つ話ばかり。ブーダン・ノワール、豚足料理、マカロン、ベリーのタルト……メインディッシュもデザートもきっとご満足いただけます。

                    (東京創元社HPより)



ビストロ、パ・マルのお客さんたちの謎解きあれこれ。

フランス料理の勉強にもなります。
知らない料理の知識も増える^m^

心温まるものもあれば、ちょっと苦い思いのする物語もあり

表題作<マカロンはマカロン>は、トランスジェンダーのパテシエのお話。
なるほどね・・・・。というかんじだけど、他に、もっと感動的な話があったのに
なぜ、これが表題作なんだろ??


感動的だったは<ムッシュ・パピヨンに伝言を>かな?
いつも蝶ネクタイを着けている大学の教師西田氏の思い出話。
リヨン滞在中に知り合ったパン職人のジュリー。
ブリッオッシュを最後の渡され病気療養するからと言われたきりその後は会えず
彼女の大家から「病気で亡くなった」と聞いた。

が。。。三舟シェフは、彼女が本当に言いたかったことの意味をブリオッシュの
パンの由来から推理。

ああ、このあと、西田氏はジュリーと再会出来たんだろうか?



どの話も楽しめた。
このシリーズは面白いな。

                     

                      ★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
9 10 11 12
15 18 21
22 23 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]