忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1387]  [1386]  [1385]  [1384]  [1383]  [1382]  [1381]  [1380]  [1379]  [1378]  [1377




発行年月:2014年5月


 関係のさめてきた恋人と同棲しながら、遊び人の医者と時々逢いびき。仕事は順調、でも何かが足りない――29歳、京都在住のイラストレーター神名葵。

彼女の日常に七年ぶりに舞い戻ってきた、大学時代の先輩ハセオ。互いに恋人がいても、なぜかいつも一緒にいた相手。理解しあう必要もないほどしっくりくる、男ともだち。

男ともだちは恋人じゃない。彼らには親密に付きあっている女たちがいるだろう。でもひょっとすると、男ともだちは女にとって、恋人よりずっとずっと大切な相手なのではないか。いつまでも変わらずに、ふとした拍子に現れては予想もつかない形で助けてくれる――。
29歳、そして30歳。
仕事と男と友情の、熱くてほろ苦い日常を描いた傑作長編小説。

                      (文藝春秋HPより)




同性としたら、葵みたいな女性は妬みの対象でしょうね~。

同棲中の恋人・彰人がなんだかとっても気の毒でした。

同棲中の恋人がいて、医者の愛人がいて、大学時代からの男ともだちがいるって
最強!!


でも物語として読んでいる分には面白かった。
ハセオと葵の関係は、特殊でしょう。
お互いに恋人がいたり、体の関係になる異性がほかに居ても、頻繁に連絡して
会って・・・でも二人の間には男女の恋愛感情はなし。
くっ付いて眠ることはあっても、体は重ねない関係。


葵には、ほかにも理解者が居るのが羨ましい。
そして葵にハセオとのことを忠告する言葉がまたいい!

女ともだちの美穂(既婚者)のことば
・・・ハセオを失いたくなかったら絶対にセックスしちゃだめ。
しない限り、神名は特別でいられるんだから・・・・


そして、飲み屋のママ・露月のことば
・・・あんたから何も奪わずに守ってくれる。だから、あんたにとっては
最高の男なの・・・・


ハセオって考えたら、良い人だよなぁ~。
軽いかんじだけれど、仕事もちゃんと堅くやってるし(製薬会社のセールスマン?)
話し方は軽いけど、まっとうなこと言っていて、葵のことをホント理解して
支えているかんじ。


ホントに二人の間に恋愛感情なしなのか???

本音が最後までわからなかったけど、本当に羨ましい関係だ。


                        ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]