忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1146]  [1145]  [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136




発行年月:2012年7月



この男の戦いは0から始まった-----

敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは巨大国際石油資本・メジャーたちだった。日系石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙される。一方、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーのひとつアングロ・イラニアン社(現BP)に支配されていたイランは、国有化を宣言したため、国際的に孤立し、経済封鎖で追いつめられる。英国海軍が警戒する海を、一隻の日本タンカーがイランに向けて出航していた-----。

「日章丸事件」を材にとった、圧倒的感動の歴史経済小説、ここに完結。

                    (講談社HPより)



ああ、面白かった!!

主人公・国岡鐵造の生き方が格好いい!

95歳で亡くなるまで、力強く生き抜いた姿は本当に感動的。
出光興産の創始者って、こんなに素晴らしい人物だったんだ~。


第三章 白秋 昭和22年~28年

第四章 玄冬 昭和28年~昭和49年

終章


下巻は戦後の日本の様子も描かれています。
日本が戦争に負けたのは石油がなかったから。
鐵造は、その石油が何としても日本の復興に必要だと考え、海外から石油を輸入する
方法を考える。
自分の会社の利益よりもいつも考えるのは、日本の国の発展と日本国民の暮らしを豊かにしたいという思い。

そんな思いがいろいろな人の心にも響き、大型タンカーを手に入れることが出来た。
「日章丸」と名づけられた船。

そして、秘密裏にイランに向けて出航する。
イランの石油は当時、イギリスが独り占め状態であった。
石油保有国でありながら、イランはその資産をイギリスに搾取されていた。
そんな状況をみて鐵造はイランと公正な取引をしようと話を進め、それにイラン側も合意。
しかし、公に出来ない取引。
秘密裏に事を進める。
このあたりは、ドキドキハラハラ。
後に言われる「日章丸事件」の真相がわかりました。
日章丸に乗船した人たちの勇気と使命感には、ビックリ。
ひとつ間違えば、イギリス軍に攻撃さて命を落とす危険を孕んだ航海。


しかし、困難なことを本当に幾度も乗り越えた人生だったんだなぁ~。
鐵造の決断力と勇気も凄いけれど、それについていく人物たちも凄い。


最後の最後まで、感動しっぱなしの物語でした!


百田さんの小説は初めて読んだけど、凄いな。
山崎豊子さんの訃報を聞いたばかりだけど、それに負けない社会派小説。
これからもこういう作品沢山読ませて欲しいな。


                       ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]