忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3
boox_bk-4062648865.jpg発行年月:1997年8月(文庫本)
    単行本は2000年6月発行



「あたし殺されたの。もっと生きていたかったのに」。通り魔に襲われた17歳の女子高生安藤麻衣子。美しく、聡明で、幸せそうに見えた彼女の内面に隠されていた心の闇から紡ぎ出される6つの物語。少女たちの危ういまでに繊細な心のふるえを温かな視線で描く、感動の連作ミステリ。日本推理作家協会賞受賞作。

                   (講談社HPより)




女子高校生・麻衣子が殺される場面から始まる物語。
麻衣子は、綺麗で頭も良くて、誰からも憧れの目を向けられていた少女。
けれど、心のなかには抱えている悩みがあって、保健室の神野先生のところだけ内面を見せていた。
そして、生前、書き溜めていた麻衣子の童話が見つかり、そのお話が物語のなかに劇中作のような形で登場する。

そのなかのひとつが「ガラスの麒麟」。
この時期特有の、繊細な気持ちがよく表されていると思う。
切なくなるようなお話ですが・・・惹かれるものがありました。

そして、麻衣子はなぜ、殺されたのか?
その真相は最後まで謎なのですが・・・・最後にはキチンと明かされます。
全く予測出来なかった!
けれど、物語を振り返ってみれば、なるほど!と納得のいくものでした。

麻衣子と幼いときから家族ぐるみの付き合いのあった野間直子に麻衣子の霊が乗り移ったかのようなことばはちょっと怖かった。
でもそれにもちゃんと理由があったことに後で気づく。

最初から最後まで引き込まれるように読ませるのはさすが!

切なくて哀しい物語ではあるけれど、人の優しさにも触れ、温かい気持ちに最後はなれました。


                                           ★★★★

 
 
PR
179aa654.jpg発行年月:2010年6月


ワーキングマザーのPTA奮闘小説!
出版社勤務の陽子は、息子が小学校に入学して初めてのPTA役員決め保護者会で空気を読めず、早速「敵」を作ってしまう。(「女は女の敵である」)…等、働くママと7人の敵との戦いを痛快に描く。


                      (集英社HPより)


面白かったなぁ~。
仕事をフルタイムでこなし、旦那より高学歴、高収入の主人公・山田陽子。
息子の陽介が小学校に入学し、クラスの役員決めの場面から物語は始まる。

小学生以上の子どもを持つ親なら、この役員決めは逃れられない。
それぞれの学校で、独自の決め方があるでしょうけど、すんなり決まらないのは同じかも。

陽子は、疑問に思ったことは大勢の前でも意見を述べることが出来るタイプの人。
羨ましいなぁ~こういう人。

子どもを介した役員って、ホント、親には大きな負担なんだよね~。
ついこの前まで専業主婦してたので、「時間あるでしょうから~」と幾つかの役が廻って来て、介護する家族も居ないと、役を断る理由がなく、なんとなく「ま、いいかっ」と引き受けて来たけど^^;

フルタイムで働いていたり、母子家庭だったり、本当に無償のPTA活動に時間を割ける事が難しい家庭もあって、平等な役員決めってホント、難しいと思う。

誰もが少し変だなと思っていたことを陽子みたいに皆の前で「おかしいと思う」と言える人の存在が、少しずつ皆が納得するPTAのあり方に変えていくのかも。
なんて思いながら読んでいました。

ママ友、義母、男、夫、子供、先生、PTA会長と七人の敵が出て来ましたが、
本当に憎むべき敵は先生だけかな?
あの先生は、わたしも「キモイ」と思いました(笑)

他の敵とは、少しずつ譲歩しながら、上手く付き合っていってる様子に変化するのが良かった。

PTA活動って、新たな人間関係を築くキッカケになるんだなぁ~と実体験を踏まえてしみじみ思ったお話でした♪


★★★

 
3b15bbba.jpg発行年月:2004年5月


無数の物語が、ギリギリのところですれ違ったり、ときに交錯したりしている。それは誰の身にも、きっと起きる。
もちろん、私自身にだって。
大切なのは、それに気づくかどうかということ。

『ななつのこ』 『魔法飛行』に続く
待望の駒子シリ-ズ第三作

                                        
(本の帯文より)

『ななつのこ』は、独特の形式に驚きつつ感動し、『魔法飛行』は謎の手紙の送り主の真実にまたまた最後、驚き、そして続く三作目。

最初の「スペ-ス」は、いきなり手紙。
これがまた長い手紙で、内容は他愛もない事なので、少々、途中は飽きました^^;
が・・・・今までの加納さんの作品は、これが後で活かされるのだから・・・・となんとか頑張って読みました。
で、次の「バック・スペ-ス」は、駒子と同じ短大に通う、まどかの話。
「スペ-ス」にあった、長い手紙の全ては、まどかが双子のはるかに宛てて書いたものだと途中で気づきました。

そして、まどかの話がなかなか良い話で・・・。
じ~んと胸の奥に温かいものが溢れるかんじでした。

で、またまた最後にびっくり&嬉しい事実!
へ~そうだったんですか!!??

今回は、瀬尾さんと駒子から離れた話だと思いながら読んでいたので、ラストは嬉しかった!

じゃあじゃあ、ダブルで再会という話はないのかしら?なんて一人想像したりして(^^)

駒子シリ-ズはこれで終わりかな?
続きがあっても楽しそうだけど・・・・


わたしは『ななつのこ』~3作をほぼ連続で読みましたが、これらが作品として発行された期間は結構、空いてるんですよね?
『ななつのこ』が加納さんのデビュ-作で、この『スペ-ス』はそれから10年以上、経っている!
著者の加納さんも「はじめに」で、その辺のことを書かれていましたが・・・・。


シリ-ズ3作の中では、まどかさんのお話(バックスペ-ス)が一番好きだな。

★★★★
b0046507.jpg発行年月:2000年2月(文庫)


妙な振る舞いをする女の子、噂の幽霊を実地検証した顛末、受付嬢に売り子に奮闘した学園祭、クリスマス・イブの大事件・・・・・文章修行を始めた駒子だが近況報告のように綴る物語は。謎めいた雰囲気に満ちている。ややあって届く返信には、物語が投げかける謎に対する明快な答えが!
デビュ-作『ななつのこ』に続く会心の連作長編ミステリ。

                        (東京創元社HPより)

少し前に『ななのこ』を読みました。
物語は、今回も駒子が日常で感じたことを綴る形式。
ただし、物語にしてという設定。
そして、それを読んだ感想を瀬尾さんが手紙で送ってくる形式。

このやりとりは第一作とさほど変わらない。
駒子の日常の少し疑問に持つ出来事に対して、その予測みたいなものを瀬尾さんが送ってくるのもおんなじ。
日常の出来事はどれも読んでいて楽しい物なので、いいのですが、この形式にやや飽きました^^;

今回は、更に、瀬尾さんの感想文の後、謎の第三者が駒子の日常を覗き見ているかのような手紙を送って来るほうが気になりました。

その謎は最後に明かされて・・・なるほど!と最後に楽しめたので、読んだ甲斐はあったかな?


シリ-ズ3作目も一応、手元に借りてあるので、読んでみたいと思いますが、今までの加納さんの作品とは違い大した感動がないのはどうしてだろ?
わたしだけかな?と思ったら、同じく既に三作読んでいる主人も同様の感想でした。

★★★
c0f8b2e6.jpg発行年月:2007年7月


社宅に隠された秘密とは?

5年生に進級する春、森(シン)は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子で乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、先生どころかクラスメイトのほとんど誰も残念がってはくれなかった。そんな森だったが、引っ越し先の社宅の子どもたち----ココちゃん、あや、竹本兄弟、パックとは不思議に気があった。彼らは森をまるごと受け入れてくれた。しかし森は次第に感じていた。この社宅には何か秘密がある。もしくは謎が・・・・・・。

                                        (講談社HPより)

最近、ちょっとマイ(ファミリ-)ブ-ムの加納さん。
過去作品をあれこれ借りて読んでます。

分類でいうと児童書なのかな?
絵も多かったし、字も読みやすいよう行間が広くあり、ふり仮名もあったので。

でも、これは、大人のわたしが読んでも十分面白かった。
只今、次女に本を渡して・・・・多分、その後、本は主人へ行くでしょう(笑)

小学5年生の高見森(たかみ しん)君が主人公。
東京の小学校では、腕白でガキ大将というかんじ。
そんな彼が父親の転勤で北九州のとある場所にある社宅での暮らしを始めます。

相変わらずの腕白ぶりですが、周りの子ども達は森をすんなり受け入れてくれます。

自分の居心地の良い環境にいることって、すごく幸せですからね~。
あ~よかったよかった!なんて思ったりして。

でも、その社宅には、ちょっと不思議な子がいて・・・・・

子ども達が大切なものを団結して守り抜こうとしている気持ちには感動でした。
実際問題で考えると、ちょっとそれって難しくない?もっと良い解決方法あるはずじゃない?
なんて思ってしまうけど、純粋な子ども達の気持ちを尊重したまま終わるのも良いと思う。
変に大人が絡んで来ちゃうとつまらなくなっちゃうだろうし。


最後まで読んで、物語の最初のエピロ-グをもう一度、読み返しました。

最後の方に、ちょっとした驚きの真相があり、それを確認するために最初の方をササッと再読。

やはり加納さんの作品は、いいなぁ~

家族で楽しめる作品ばかり(^^)


著者のちょっと長めのあとがきも、よかった。
物語の森くんと似た様な転校の経験あったとか。
作中の九州弁を話す子どもたちがすごく可愛かったけど、ご自身も使っていたんですね~。


森君たちがもうちょっと大きくなった続編も書いて欲しいなぁ~。


★★★★★
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
4 5 6 8 9
11 12 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]