忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3



発行年月:2013年11月


 42歳で作家修業をはじめ、48歳で小説家デビューした、おばさんの奮闘記。
デビューのしかた、小説の書き方の極意もこっそり伝授!

                 (東京堂出版HPより)




いや~面白かった!

小説家としてデビューするまでも文章を書く仕事に関わっていなんですね~。
でも意外だったのは、ファッション誌というところ。
「an an」 「婦人画報」なんて誰でも知っている雑誌の編集に関わって
いたとは!
それを結婚を機会に辞めて、ご主人がアメリカの大学の職員になるため渡米し
7年間過ごした話も愉快だった。
日本語新聞を手づくりしたり・・・・。
やはり文章を書くことからは離れらえない人なんですね~。

静岡出身とは知っていましたが、最初は、川口市に暮らしていて
父親の仕事の都合で静岡市に引っ越し、以来、静岡育ちとか。
小学4年生の郷土の歴史の授業で明治維新の際、静岡に移住した旧幕臣の人たちの
ことを習い、歴史に興味を持たれたとか。
引っ越し先が静岡でよかった!と嬉しくなった(^^)


植松さんが小説の主人公にする人は、無名な人や名前は知っているけれど、
どういう人だったのかは知らないというひと。
それは「こんな人だったのか!」と読者に驚いて貰いたいからだとか。

わたしは毎回、驚かせて貰っています。
こんなに素晴らしい人だったのかぁ~とか、意外とユーモアのある人なんだなとか。

そして、男性を主主人公にする場合は
自殺をしなかった人 戦争をしなかった人 を基準に選ぶとか。

なるほど!
植松さんの考え方は共感出来ます!!


素敵な人だなぁ~とこのエッセイで知ることが出来て
まだまだ読んでいない本が沢山あるので、読んでいきたいなぁ~と思います。


                          ★★★★★
PR


発行年月:2014年9月


太平洋戦争末期、空襲が激しさを増す中、貞明皇太后は疎開することを拒み続けた。それは、今すぐ戦争を終えてほしいという、皇太后の命をかけた主張だった――。

 のちに貞明皇后となる九条家の姫、節子は、幼少の頃に農家へ預けられ、「九条の黒姫さま」と呼ばれるほど活発な少女として育つ。その利発さと健やかさを評価され、皇太子妃として選ばれたことから、明治、大正、昭和をつらぬく節子の激動の人生が始まった……。

 病に臥せることの多かった大正天皇を妻として支え、母として昭和天皇を見守り続けた貞明皇后の、平和への願いと家族の絆を描く。

 正当な評価をされてこなかった大正天皇の実像に迫るとともに、皇室の視点から日本の近代史に光を当てた傑作長編。

                     (PHP研究所HPより)




大正の時代は短く、大正の天皇と皇后さまのことは、全く無知でした。

が・・・この本を読んで、お二人とも人間として、素晴らしい方たちだったんだと
知ることが出来ました。


大正天皇は、幼いときから病弱で、髄膜炎の既往があり、お后候補に当初選ばれて
いなかった九条家の節子(ながこ)様が選ばれたのには、お体が大変、丈夫で
あったことが一番の要因だったとか。
節子さまの幼い頃の様子は、お転婆娘ですが、心優しい女の子で
大正天皇のお后としても常に天皇の気持ちを汲んで気持ちが通っていた
素晴らしい夫婦だったんだなぁ~という逸話が多かった。

世界的には、戦争があちらこちらで起き、日本もそこに巻き込まれていく
激動の時代。
そんなことを憂い、天皇でありながら、危い道に突き進むことを自分の意志だけで
食い止めることが出来ない悔しさを感じていた大正天皇。
それを側でいつも見ている節子さまも同様の心痛。

今の天皇・皇后さまもたぶん、同じような心境かと想像してしまいました。


あまり知られていない大正天皇のこと、そして、それを支え続けた皇后さまの
ことが、よくわかる物語でした。


昭和天皇と良子さまの物語も書いてくれないかなぁ~?


                          ★★★★★



発行年月:2014年6月


 この中に、あなたの目指す女性が、きっといる



日本女性初の五輪メダリスト人見絹枝、西郷隆盛を支えた奄美の妻・愛加那、「鹿鳴館の名花」と讃えられた大山捨松など、幕末~昭和を力強く生きた35人の「女の生きざま」。

                   (角川文庫HPより)



名前を知らない方も結構、いらっやったけれど、
どの女性も素晴らしくその生き様は恰好いい!
昔の人は、若くて亡くなる方が多かったんだなぁ~とも感じた。

植松さんの「はじめに」と「むすびに」の文章も良かった!
第二弾出るのが楽しみです♪


35人羅列しておきます。

<第1章 チャレンジした女たち>
1、大浦お慶  茶貿易の先駆けとして巨万の富を築いた長崎の女傑
2、大山捨松  鹿鳴館の名花と呼ばれた日本発の女子留学生
3、松旭斎天勝 明治時代に世界で活躍した天才マジシャン
4、天野わかの 夫に支えられ初の女性名士になった輪島の漆器作家
5、兵頭 精  大正ロマンの時代に大空に挑んだ女性初のパイロット
6、知里幸恵  ユーカラの記録に命をかけたアイヌの天才少女
7、人見絹枝  短い生涯を駆け抜けた日本女性初のオリンピック・メダリスト


<第2章 愛に生きた女たち>
8、楢崎お龍  最愛の夫・坂本竜馬を暗殺で失った波乱の生涯
9、幾松    幕末の動乱の中で命をかけた桂小五郎との恋
10 、岡本かの子 個性派作家は人気漫画家の妻で前衛芸術家の母
11、竹鶴リタ  「日本のウイスキー産業の母」とまで呼ばれたイギリス女性
12、小森和子  恋をして好きな仕事をして人生盛りだくさんの映画評論家
13、山崎富栄  いわれなき非難を浴びた太宰治の心中相手


<第3章 運命を受け入れた女たち>
14、皇女和宮  朝廷との仲立ちをつとめ江戸城開城に尽くした大奥最後の主
15、若松賤子  教師として立ち母として生きた「小公子」の翻訳家
16、川島芳子  男装し日中戦争の狭間で暗躍した清朝皇族の姫
17、沢村貞子  波乱の末に人生後半を捧げる伴侶に巡り合った名脇役
18、安井かずみ 時代をはるかに先駆けてスタイリッシュな生涯を貫いた作詞家
 

<第4章  家族を支えた女たち>
19、滝沢 路  「里見八犬伝」を口述筆記した滝沢馬琴の嫁
20、愛加那   奄美大島に流された西郷隆盛を支えた島妻
21、野中千代子 富士山頂で気象観測のため夫とともに越冬に挑んだ明治女性
22、クーデンホーフ光子 ボヘミアの伯爵家に嫁ぎ7人の子を守り通した強き母
23、与謝野晶子 11人の子を持ち筆1本で家計を支えたワーキングマザー
24、麻生和子  吉田茂の娘で麻生太郎前首相の母だった美しき女傑
25、長谷川町子 大人も子供も楽しめる「サザエさん」の作者


<第5章  人のために生きた女たち>
26、太田垣蓮月 これでもかという不幸続きの末に才能を開花させた歌人陶工
27、岸田俊子  元海援隊士と結ばれた自由民権運動の美貌の弁士
28、石井筆子  知的障害時の母として福祉の扉を開いた明治の教育者
29、長谷川時雨 美人作家の華やかな前半人生と人に尽くした後半生
30、澤田美喜  2千人もの日米混血の子供たちを救った三菱創業者の孫娘
31、徳川幹子  戦後の農地開拓に身を投じた最後の将軍の孫


<第6章  日本ゆかりの女たち>
32、イザベラ・バード  明治初頭に日本の北の山里を旅したイギリス人
33、プリンセス・セイウラニ  日本の皇室との縁談もあったハワイ王朝最後の王女
34、ベアテ・シロタ・ゴードン  日本国憲法に男女平等を取り入れたアメリカ人
35、ベラ・チャスラフスカ  東京オリンピックの名花がたどった壮絶な道


                         ★★★★★
516ncsfRg3L__SL500_AA300_.jpg発行年月:2012年8月

日本史上、もっとも不名誉な“仕事”を買って出た男-----降伏文書への調印を行ない、戦犯になったことで、不当に低い評価を受けている昭和の外交官・重光葵を描く長篇小説。

 1931年、駐華公使だった重光葵は上海で爆弾テロに遭い、右脚を失う。そこからの彼の人生は苦難の連続であったが、目の前に立ちはだかる“階段”を重光はひたすら登り続けた。

 外交の第一線に復帰した重光は、日中戦争を終結させて孤立する日本を救おうと奔走するも、対米英戦争へと突入してしまう。外務大臣となった彼は大東亜会議を実現する一方で、戦争終結に向けて動いたが、戦局は悪化の一途を辿った。

 敗戦直後に再び外務大臣となった重光は、誰もが尻込みする降伏文書に調印する役目を引き受け、マッカーサーとの交渉も成功させる。戦犯として服役後には外務大臣となり、国際連合への加盟という大仕事をも成し遂げたのだった。

 重光葵の激動の生涯を掘り起こして光を当てた力作。


                                           (PHP研究所HPより)


日本のためにこんなに尽力した人なのに、名前しか知らずにすみませんと言いたくなった。
幼いころは貧しく、それでも漢学者として世間で認められていた父からは多くのことを学び、学力は秀でたものがあり、両親は息子たちのために大金を土地の権力者から借り高校進学をさせてくれた。
そして、父親は「これからは漢学でなく外国語を身につけて先々は海外に出て行け」と言っていた。

そして、兄を追って自分も東大に進学し、卒業後、外交官試験に合格。
すぐにベルリン赴任を命じられる。
そして駐華大使としての公務中、命を狙われる。
片足を失うことになったが命は助かった。
でも、それからが過酷なリハビリ。
挫けそうな心を支えたのは、外交官としてまだまだやらなければならないことがあるという思い。
そして、同じように片足を失った後も偉業を成し遂げた大隈重信を思い、自分も負けてたまるかと奮起する。

日本は中国に侵攻し、満州に鉄道を作り、街を繁栄させていった。
そこには多くの日本人も移り住んでいた時代。
日本に侵略されたと恨む中国人もいるが、繁栄させた力も大きかった。

幼いころから漢学者であった父から
日本は太古の昔から中国から文化を取り入れてきた。
彼らの中華思想の誇りをこちらは理解しなくてはうまく付き合っていけないと言われていた。

だからか、片足を奪った中国人を芯から恨めない。


その後、イギリスでチャ-チルと、第二次世界大戦は避けなければならない。
アメリカを戦争に巻き込むの避けなければと共通の考えで話し合うが・・・・・
思い通りにいかずに、その回避しなければと言ってた事態に物事は進んでいってしまう。

もはや自分が留まる意味がないとイギリスを去る重光葵の心中を思うと泣けてきた。
そして第二次世界大戦突入。
アメリカを敵側にして戦わなければならない事態に。
軍の上層部も政府もやりたくないけれど仕方ないという状態だったのか?と考えるとそのために
命を落とした国民は・・・・・と本当にやりきれない気持ちでいっぱい。

終戦を迎えると、そこからも苦悩の日々。
天皇を戦争責任から回避させるためにマッカ-サ-とも交渉。
日本における天皇の存在意味を説く。
それにより天皇の戦争責任は問われず済んだが
重光自身も戦犯として捕らえられ禁固7年の刑。

4年半で仮釈放となってからは政界からの誘いを受け入れ政治家としての生き
日本の国際連合加盟を目標に奔走し、成し遂げた。

亡くなったのは大役であった連合加盟を果たして約1ヶ月後。
狭心症発作のため。

自分のことは二の次にここまで日本の将来を思って行動し大きな成果を挙げた人物だと知ると
頭が下がる。

今の政治家にもこんな志の人が沢山いてほしいなぁ~。

植松さんの小説はいつも読み応えがあり、勉強になります。
(毎回、書いてる?^^;)



 

★★★★★

51bJOBY-n2L__SL500_AA300_.jpg発行年月:2009年12月


病床の父と二人の弟を抱える極貧生活の中、
少年は将来を見据えてひとつ、またひとつと誓いを立てる----
武家・農村復興に並外れた手腕を発揮した二宮金次郎(尊徳)若き辛苦の日々



                         (中央公論新社HPより)



名前は、おそらく誰でも知っている人。
でも何をしたか?改めて問われると・・・・。

早春録ということで、幼い頃から成人したあとくらいまでが丁寧に描かれている。
5歳のときに大水で死ぬ思いを経験し、その後も小田原の村は、大水で田畑の大部分が流されてしまい、村人たちは米の収穫も出来ない窮地に立たされた。

貧しかった家で、父親が病死、その後、母親も病死し、まだ乳飲み子の末っ子の弟を抱え、長男である金次郎は大人並みに働く。
伯父の家で面倒を見て貰うのだけど、父が遺した書物を読むにも油を無駄使いするなと窘められ、何かと衝突。
そんな金次郎に村の名主・岡部伊助が自分の家で奉公したらよいと声を掛けてくれる。

最初の奉公先である岡部家で、その妻・お佐久から節約術を学んだことが、後の金次郎の出世の手助けになる。
『積小為大』の教え。



田畑を大水から守るには、放水路による治水が必要・・・でもそれには膨大な金がかかる・・・小田藩にはその金がない。

成長した金次郎は、藩の経済再建にまで関わっていく。
小さなところからコツコツと無駄を省き、お金の収支を明らかにし、出る金が少なくなるように。


そして、荒廃した農地の開拓にも力を注いでいく。

全て幼い頃に、自分に関わった人から学んだこと。

70歳で亡くなるまで、人々のために働き続けた人。
その殆どが苦労の連続。

最初の妻には、自分の志が理解して貰えず、辛い思いもした金次郎だけど、二番目の妻に支えられ迷いながらも自身の志を通し続けた。
正に達成の人!!


凄い人だなぁ~。


植松さんにまた勉強させていただきました。


★★★★


 
 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]