忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2344]  [2343]  [2342]  [2341]  [2340]  [2339]  [2338]  [2337]  [2336]  [2335]  [2334


発行年月:2020年2月

お父さん、何歳まで運転するつもり? 「わしは死ぬまで運転する!」

「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「78歳っていえば......」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなも不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して......。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは?心温まる家族小説!

               (KADOKAWA HPより)



高齢者が運転する車の悲惨な事故をニュースで目にすることが多い昨今。

東京で共働きしながら高校生の息子・伊吹と3人暮らしの猪狩雅志。

田舎の父親(78歳)も免許返納なんて全く考えられないと言いながら、最近は
車をぶつけることが多くなったらしいことを知り心配になる。


交通機関が発達していない場所での車は、生活必需品であり
なくなったら途端に買い物にも思うように行けず、困ってしまう日常。

そんな田舎の親の暮らしをみて、一大決心する雅志。

スーパーの商品を車で移動販売する仕事を田舎で始める。


猪狩家の人たちはみな、優しくていい人たち。
雅志の妻も最初は、反対しながらも理解してくれて、息子の伊吹も
自分の将来のことを考えて、農業高校に転校を決める。


偏差値のいい学校に行くことを目標にするのって悪いことじゃないけど
ちゃんと将来の目標を決めて、そのための勉強をするっていうのが理想じゃないかな?


表題から、イメージした物語と違って温かい家族の物語でした!


                        ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]