忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1784]  [1783]  [1782]  [1781]  [1780]  [1779]  [1778]  [1777]  [1776]  [1775]  [1774



発行年月:2015年11月

答えてください。
娘を殺したのは私でしょうか。

東野圭吾作家デビュー30周年記念作品
『人魚の眠る家』


娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。

こんな物語を自分が書いていいのか?
今も悩み続けています。   東野圭吾

                     (幻冬舎HPより)


ミステリーというよりヒューマンドラマ。


プールで溺れ救急搬送された播磨瑞穂。
医師の説明では、脳の機能は完全に失われていて、回復の見込みはゼロという。
このまま脳死判定を受け入れるしかないのか?
しかし、母親の薫子は、一瞬、瑞穂の手が動いたと感じたことで
このまま延命治療を続行を望む。

やがて、夫の和昌の会社で研究開発中の磁気刺激で筋肉を動かす装置を使い
在宅で瑞穂を看る。

自分が薫子の立場だったら、どうするかな?
想像しようとしても無理でした。
その立場に実際にならないと、どういう気持ちになるのかわからない。

狂気じみていく薫子が気の毒で切なく哀しい。


一方、物語には、心臓病の4歳の娘に臓器提供を受けさせたく、アメリカに
渡る費用を募金活動により集めている親のことも取り上げる。


子どもの命を救うためなら、自分の出来ることは何でもしたいと思う心は誰も同じ。

薫子の弟、生人が少し不憫だったかな?
親としては、生人の気持ちにも、寄り添ってあげることを忘れてはいけない。


プロローグとエピローグに出て来た少年の存在が少し明るい気持ちに
させてくれて良かった。


しかし、東野さんはさすが。
難しいテーマでもスラスラ読まる筆力は凄い!

この小説を読むと自然に、いろいろ考えさせられる。



                       ★★★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]