忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575]  [1574]  [1573]  [1572]  [1571]  [1570]  [1569



発行年月:2011年1月


 この子を「クヌート」と名づけよう――。白い毛皮を纏った三代の物語。

極北の地に生まれ、サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書きつづける「わたし」。その娘で、女曲芸師と歴史に残る「死の接吻」を演じた「トスカ」。そして、ベルリン動物園のスターとなった孫の「クヌート」。人と動物の境を自在に行き来しつつ語られる、美しくたくましいホッキョクグマ三代の物語。多和田葉子の最高傑作!

                 (新潮社HPより)



ホッキョクグマの3代にわたる物語。
お話も3つの章に分けられている。

<祖母の近代論>
若い頃は、サーカスの花形だった、わたし。
昔のことを思い出しながら自伝を書く。
それが出版社から発表され、海外の人にも読まれる。
が・・・社会主義国のサーカスに対する動物愛護団体の非難に発展してしまう。


<死の接吻>
最初の話のわたしの娘・トスカの物語。
サーカスでほかのホッキョクグマと共演することになるトスカ。
調教師のウルズラとは、心が通い合い、夢のなかでそれぞれが言葉を話し
サーカスのある場面を練習する。
夢のなか以外では言葉を交わすわけではないが、本番のそのとき
お互いが同じ夢を見ていたんだと確信する。


<北極を想う日>
生まれたばかりのクヌートは、飼育員のマティアスの手から乳をもらい
成長していく。
クヌートにとって、マティアスは母親。
しかし成長し、いつもの遊びの最中に手が滑ってマティアスに怪我を負わせて
しまい、自立のときと判断され別の場所へ。
マティアスからはいろいろなことを教えて貰った。



クマが擬人化されているのがユニーク。
それぞれが、人間によって翻弄される様子は哀しい。

<死の接吻>でのサーカスの見せ場のシーンには感動しちゃった!
トスカとウルズラの信頼関係が美しい!

<北極を想う日>のクヌートとマティアスの関係も素敵でした!
成長したら一緒に居られない・・・仕方ないことかもしれないけれど
別れが辛かった。
自分が何故、母親から乳を貰えなかったのか?
クヌートの苦悩も切ない。


文章が美しくて、ちょっと海外文学みたいだなぁ~と感じた。
実際、著者は海外在住らしいと後で知ったけど。

他の作品もいろいろ読んでみたい。


                          ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]