忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4



発行年月:2004年11月(単行本は1989年)

病に冒された弟と姉との最後の日々を描く表題作、
海燕新人文学賞受賞のデビュー作「揚羽蝶が壊れる時」ほか、
透きとおるほどに繊細な最初期の四短篇収録。

                 (中央公論文庫HPより)



初期の小川作品って考えたらあまり読んでいなかった。
これは海燕新人文学賞を取った作品「揚羽蝶が壊れる時」が収録された
短編集。
それよりも表題作がわたしはインパクト強く好きだった。
どの話にも病とか死とかが出てくる。


<完璧な病室>
21歳の若さで病死した弟と過ごした病室でのことを思い出す姉。
清潔な病室、そこに居る透き通ったような白い顔をした弟。
死が確実に迫っている弟を目の前にして、哀しいとかいう感情は
あまり伝わってこない。
病室にいる弟を見舞っている時間がとてもかけがいのない時間だったという
不思議な感覚。

ビーフシチューをみてチョコレート嚢胞を連想するとか・・・
心を病んでしまった人間と暮らすっていうことは無脳症の胎児の
ホルマリン漬けを食卓の真ん中に置いて食事するようなものなんて言葉にドキッ!

これは医療従事者でしかわからないグロテスクな例えだな・・・苦笑

この最初の話が衝撃的で、他の作品の印象は薄い^^;


<揚羽蝶が壊れる時>
父方の祖母をひとりで介護してきたけれど、施設に入れることに決めた孫の話。


<冷めない紅茶>
中学時代の同級生の通夜の帰りK君に声を掛けられ、後日K君の家に招待される。
K君の奥さんは中学で図書館司書として働いていた人だった。


<ダイヴィング・プール>
飛び込み競技をする男の子を観覧席から見ている。
彼は両親が営む孤児院にいる子。


初期の作品も小川さんの書く文章は、とても美しいな~。



                         ★★★★
PR



発行年月:2015年9月

魔犬の呪いで妹を失った三きょうだいは、ママと一緒にパパが残してくれた別荘に移り住む。そこで彼らはオパール、琥珀、瑪瑙という新しい名前を手に入れる。閉ざされた家の中、三人だけで独自に編み出した遊びに興じるなか、琥珀の左目にある異変が生じる。それはやがて、亡き妹と家族を不思議なかたちで結びつけ始めるのだが……。

                 (講談社HPより)



幻想的で怪しげで哀しく美しい・・・いろいろな雰囲気を持っている物語。

海外の作家さんが書いたような文章だぁ~と思いながら読みました。


ママと一緒にパパが残した古い別荘に引っ越した子どもたち。
今までの名前は捨てて新しい名前で生きて行くことに。

姉はオパール(11歳)、
弟は瑪瑙(4歳)
そして、琥珀(8歳)。

本当はもう一人妹がいたけれど3歳になったばかりの時、野犬に顔を舐められ
その後、高熱を出しあっと言う間に亡くなってしまった。
以来、ママは塀の外に出ると野犬に襲われるからと3人は外に出ることを禁じられ
学校にも行かず、3人で毎日を過ごす。
ママは昼間、近くの温泉療養施設で働いている。
朝、出かける時には必ずツルハシを野犬が出たときの防具として持って行く。


3人が家で過ごす様子が微笑ましかったりもするのだけど
琥珀の目に現れる不思議な現象、瑪瑙の耳に住んでいるシグナル先生など
現実とはかけ離れた話の展開になり、物語が独特が世界観になっていく。
そして亡くなった妹のことを琥珀の力を通して身近に感じる家族が
哀しい。
外の世界とは遮断されているけれど、3人は色々な遊びを編み出し
楽しむ。
図鑑を見たり、歌を歌ったり、家の周りの自然で遊んだり、
彼らなりのルールを作って毎日を楽しむ。

 
 
一番好きな場面は
3人がそれぞれ見つけた鉱物オパール、琥珀、瑪瑙を人型をつくったあと
口、目、耳に置き、それを沼に埋葬する儀式を行う場面。(p136~137)


物語の冒頭に登場のアンバー氏が年をある程度取った琥珀だと気づき
彼らが外の世界に出てその後、どんな風に成長したかが描かれていないけれど

3人の母親はどうして子どもたちを外の世界から遮断したのか?

色々謎が多いお話です。

小川さんのファンならお薦めするけれど、そうじゃないとちょっと不可解さが
残るお話かなぁ~?

わたしはファンなので、不可解な部分も含め楽しめました^m^


                        ★★★★



発行年月:2014年1月


短篇と短篇が出会うことでそこに光が瞬き、
どこからともなく思いがけない世界が浮かび上がって見えてくる。
魅惑の16本と小川洋子のエッセイが奏でる究極の小説アンソロジー集!

              (河出書房新社HPより)


小川さんが陶酔されている短篇を集めた作品。
まだ未読の作家さん。読んだことはあるけれど・・・小川さんだとこんな
風に解釈されるのかぁ~?といろいろと楽しめた作品だったなぁ~。

短篇は全部で16篇。
そのひとつひとつの解説エッセイがつく。

有名だけど、殆ど読んだことがない

泉鏡花の「外科室」、梶井基次郎の「愛撫」、井伏鱒二の「鯉」
武者小路実篤の「空想」などは、もっとほかの作品も読んでみたいと思わせてくれた。


泉鏡花の「外科室」は、以前、映画化されたのをチラッと見たのだけど
解説エッセイで、小川さんが、ドクターの秘書をしていた話は、興味深かった。
しかし、外科室という言葉の響き自体が、なんとも冷たく重たいかんじ。
物語自体も純愛を描いていて、現在では、書けないだろうなぁ~。
この時代だから成立するお話という感じす。

しかし、小川さんの読書量というか読書の幅はすごいな。
作家さんというのは、こういうものでしょうか??

毎週末、FMラジオで本の解説をされているのを楽しみに聞いているので
その雰囲気もちょっと重なるかんじでした。

また陶酔短篇箱第二弾とかもあるといいな。


                         ★★★★★
 


発行年月:2013年5月


この世界が素晴らしいのは動物たちがいるから──震えるような感動を呼び起こす連作小説。

たてがみはたっぷりとして瑞々しく、温かい──ディープインパクトの凱旋門賞への旅に帯同することになる一頭の馬、森の彼方此方に不思議な気配を残すビーバー、村のシンボルの兎、美しいティアーズラインを持つチーター、万華鏡のように発色する蝸牛……。人の孤独を包み込むかのような気高い動物たちの美しさ、優しさを、新鮮な物語に描く小説集。

            

                   (新潮社HPより)



・帯同馬

・ビ-バ-の小枝
・ハモニカ兎
・目隠しされた小鷺
・愛犬ベネディクト
・チ-タ-準備中
・断食蝸牛
・竜の子幼稚園

動物が出てくるお話8つ。
どのお話も少し不思議でおとぎ話のような雰囲気。
小川さんの文章は、いつも通り美しい。

どのお話もおかったけれど、特に気に入ったには・・・
後半の2つ。

<チ-タ-準備中>
動物園の売店で働く女性。
17年前にhを手放した。
hは・・・・?たぶん子ども?
仕事帰りにアイスクリム屋さんに寄るのが楽しみ。
24種のアイスクリ-ムは季節によって種類が変わるけれど、バニラだけは
いつもある。
けれど、バニラを注文する人は見ない。
女性はアイスクリ-ムをケ-スの端から順番に食べていくことにする。
細やかな日常を描きながら、その情景が目に浮かび楽しくなってくる。

そして・・・動物園である日、発見したh。
チ-タ-の檻の前でそれを見つけた。
チ-タ-は「cheetah」なんだぁ~
女性はそれから、別れたhを思うことを禁じていたが代わりにチ-タ-を日々
心のなかに思う。


<竜の子幼稚園>
遠い昔、5歳で亡くなった弟がいる。
弟の誕生日は3月3日。
私の仕事は、身代わりガラスをぶら下げて旅をする。
身代わりガラスは、何らかの理由で旅ができない人の代わりに、その人の身代わりの品を
ガラス瓶に入れたもの。
それを首からぶら下げて旅をする。
そして、同じように身代わりガラスを首から下げた男性と出会う。

男性が首から下げていたのは、タツノオトシゴ。
タツノオトシゴの輪郭は数字の3のよう。
そして二匹の姿は33・・・・3月3日。

最後の描写は、素敵だった!
これは最後のお話。
やさしい気持ちで本を閉じることができたかんじ(^^)


素敵な短編集でした!!
表紙の絵も素敵♪
 
 
                         ★★★★★
416zGXTcQgL__SX230_.jpg    発行年月:2012年11月
 


12年ぶり、待望の書き下ろし長編小説。親や他人とは会話ができないけれど、小鳥のさえずりはよく理解する兄、そして彼の言葉をただ一人世の中でわかるのは弟だけだ。小鳥たちは兄弟の前で、競って歌を披露し、息継ぎを惜しむくらいに、一所懸命歌った。兄はあらゆる医療的な試みにもかかわらず、人間の言葉を話せない。青空薬局で棒つきキャンディーを買って、その包み紙で小鳥ブローチをつくって過ごす。
やがて両親は死に、兄は幼稚園の鳥小屋を見学しながら、そのさえずりを聴く。弟は働きながら、夜はラジオに耳を傾ける。静かで、温かな二人の生活が続いた。小さな、ひたむきな幸せ……。そして時は過ぎゆき、兄は亡くなり、弟は図書館司書との淡い恋、鈴虫を小箱に入れて持ち歩く老人、文鳥の耳飾りの少女と出会いながら、「小鳥の小父さん」になってゆく。世の片隅で、小鳥たちの声だけに耳を澄ます兄弟のつつしみ深い一生が、やさしくせつない会心作


                                       (朝日新聞社出版HPより)



小鳥を愛する小父さんの物語。
物語の冒頭、小父さんが亡くなっている場面から始まる。
おじさんは鳥かごを抱え、そのなかには一羽のメジロがいた。

そして小父さんの物語が始まる。
小父さんの7歳年上のお兄さんとの暮らしの様子。
小父さんに小鳥を引き合わせたのはお兄さんだったんですね。
お兄さんは独自の言葉を話すため周囲とのコミュニケ-ションは上手くとれない。
理解できるのは小父さんと小鳥だけ。

二人であちこちを旅行する話も素敵だった。

そしてお兄さんが52歳で亡くなったあとは小父さんの一人暮らし。
綺麗なバラ園を持つゲストハウスの管理人として働きながら、休みの日は図書館に通い、毎日、近くの幼稚園の小鳥の小屋の掃除を続ける。
園児たちからは「小鳥のおじさん」と呼ばれ、周囲の人たちもおじさんを同じように呼ぶ。
静かだけれど、ささやかな交流があり、そこに幸せも感じていた小父さんなのに
あるとき、身近に幼児連れ去り事件が起き、小父さんの暮らしも様変わりしてしまったのが
辛かった。
ナンにでも警戒しなきゃならない時代になったから仕方ないのかなぁ~?

それでも傷ついたメジロを介抱しながら、過ごした時間が小父さんの最期を少し明るいものに
していったのだと知ってホッとした。

さすが、小川さんの文章はスラスラと気持ちよく最後の一字まで読めました。


                                       ★★★★★

    
 
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
9 10 11 13
15 16 17 19 20
22 23 24 26 28
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]