忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4
130ea253.jpg発行年月:2010年8月


ある作家の奇妙でいとしい日常。日記体小説
原稿が進まない作家の私。
苔むす宿での奇妙な体験、盗作のニュースに心騒ぎ、
子泣き相撲に出かけていく。
ある作家の奇想天外な日々を通じ、
人間の営みの美しさと面白さが浮かび上がる新境地長編。

                         (集英社HPより)


主人公の「私」は、小説家。
原稿用紙に向かうけど、全然物語は進まない。
そんな「私」の日記で綴られた本書。

「私」は、小川さん自身なのか?
日記の最後に<原稿零枚>と書かれる日が続くけど、たまに<原稿4枚>などの日もある。
が・・・そんな日も次の日、再び零枚に戻り・・・・気に入らず破り捨てたのかな?なんて想像して楽しんだ。

「私」は、いろいろな所にも出かけてゆく。
その場所で、「私」が起す行動が、ユ-モラスで好き。
小学校の運動会をあちこち覗いて廻るとかは、案外楽しそうなんて思ってしまった。

原稿用紙では筆が進まずだったので、小学生が使う1ペ-ジに84文字書けるマス目が書いてあるノ-トに小説を書き筆が進むと喜ぶ・・・・・なんていう箇所もチャ-ミング!
結局、そんな物に書いたものはダメと没収されてしまうのですが・・・。


日記なので、事柄が切れ切れなのですが、それもまた楽しい。
その先、どうなった?なんていちいち考えないで次のことに向かえる気楽さもいい。

日記だけど、ありきたりな日常をつらつらと綴っただけとは違う。
小川さんらしい、どこか不思議などこか妄想っぽい雰囲気が漂っていて、
気持ちよく文章を追うことが出来ました。

★★★
PR
a96604db.jpeg発行年月:2009年11月


世界がいとおしく見えてくる繊細なエッセイ。

数々の文学賞を受賞し、映画化された『博士の愛した数式』でも知られる作家・小川洋子さんの最新エッセイ集です。女性誌『Domani』に2年間に渡り連載されたものに書き下ろし5編を加えた29のエッセイには、スポットライトが当たる主人公だけでなく、その周縁で密かに、でもしっかりと生きる人々への感謝の気持ち、そしてしみじみとした愛情もいっぱい詰まっています。ポップでありながら懐かしい雰囲気をたたえるイラストによる装丁は、『ミ-ナの行進』も手がけた寺田順三さんによるもの。仕事や生活にちょっと疲れたとき、ふと手にとって読み返したくなる----そんな、宝物にしたくなるような1冊です。

              (小学館HPより)
 
小川さんのエッセイは初めて読みました。
日々の何気ない瞬間に目にしたり遭遇した事柄、そこに居た人たちに対して、なんて優しい気持ちを抱く人なんでしょう!と感激しました。

幼い頃の出来事、青春時代の思い出、結婚後の様子・・・ぜんぶ読みながら、思わず微笑んでしまうエピソ-ドばかり。

失礼ながら・・・「君、明治生まれ?」と付き合っていた彼に言われちゃった話には笑っちゃいました。
そして、「・・・亡くなった祖母に、とてもよく似てらっしゃるものだから・・・」と涙ぐむファンの方。
小川さんのお顔・・・・文芸誌でちょっと拝見したことあるので、なるほど~なんて^^;


兎に角、楽しいエッセイでした。
まだ小川さんの作品を読んだことない方がこれ読んだら、絶対、作品も読みたくなること間違いなし!
素敵な素敵なエッセイでした(^^)

表紙の絵と中を開けたら一面に描かれたコ-ヒ-豆が可愛くて、装丁デザインも◎


★★★★★
b799db76.jpg  発行年月:2009年1月


  伝説のチェスプレ-ヤ-・アリョ-ヒンの、
  ひそかな奇跡を描き尽くした、
  せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説

   
                   (文藝春秋HPより)



この表題に先ずは惹かれるものがあります。
読む前は「なんのこと??」と思うのですが、読み終えた今は、なんともピッタリの表題!と思えます。

7歳のアリョ-ヒンは弟と祖父母の家で暮らしている。
両親は、弟が生まれるとすぐに離婚し、実家に戻ったが、その母も2年前、病気で亡くなった。

物語は、弟と祖母の3人でデパ-トの屋上にいるところから始まります。
そこには、かつてインディラという名前の象がいた。
小象のときからその生涯を終えるまで、ずっと鎖に繋がれていた。

そして、アリョ-ヒンたちが住む家は、隣家との壁がすぐそば。
かつて、そこの狭い空間に入り込み、出られなった少女が壁に食い込んだままになっているという噂もあった。

アリョ-ヒンは、その象のインディラと、少女・ミイラ(アリョ-ヒンがそう名付けた)を心の友にしているちょっと風変わりの少年。

そんな彼があるとき、チェス好きの老人と出会い、彼にチェスを教えて貰う。
その老人もバスの中で一人暮らす変わった人物。
お菓子づくりが趣味で、いつも甘いお菓子を出してくれる。そして老人は超肥満体。

少し大人になったアリョ-ヒンは、チェスが得意なことを見込まれて、ある倶楽部でお客さん相手にチェスをするようになる。
しかし、面と向かってではなく、ある方法で。

チェスをするとき、彼は海に潜り泳ぐような感覚。
そして頭の中に度々、浮かぶのはインディラであり、ミイラであり。

全体を通して、とても幻想的。
そして、なんとなく儚く、哀しい雰囲気が漂うかんじがしました。

アリョ-ヒンの存在自体が、幻想的。
人間という設定ではありますが何か、人とは違う生き物のような不思議なかんじでした。


最後は、とても切ないのですが、アリョ-ヒンは、それで幸せなのかも。
そういう生き方をしたことを悔いてはいないんだろうな~と思いたい。


やはり、この方の文章は独特の雰囲気。
好きです!!!

もう一度、ササッと読み直そう!

★★★★★
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]