忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2279]  [2278]  [2277]  [2276]  [2275]  [2274]  [2273]  [2272]  [2271]  [2270]  [2269


発行年月:2019年9月


湊かなえの新たなる代表作、今年最高の衝撃&感動作。重い十字架を背負って生きる人々の心の叫びと希望の灯。“落日”の向こうに見える未来とは!?入魂の書き下ろしミステリー長篇。新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。『笹塚町一家殺害事件』引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた。15年前に起きた、判決も確定しているこの事件を手がけたいという。笹塚町は千尋の生まれ故郷だった。この事件を、香は何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。“真実”とは、“救い”とは、そして、“表現する”ということは。絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語。

                   (角川春樹事務所HPより)


いや~やはり面白いな。湊作品。

話は、15年前に起きた一家殺害事件が元になっているので、やはり重苦しいものだけど・・。

その事件を映画化しようとしている女性監督・長谷部香と
脚本家の甲斐真尋。
二人は、その事件のあった、町の出身者であり、香は幼い時、アパートで両親と生活して
いたとき、立石家とは隣人だった。

そして、真尋の姉・千穂と立石力輝人にも接点があったとわかる。


話は、過去と現在を交錯しながら進み、終盤、いろいろあった過去の事柄の真実が
明かされていく。


重く辛い話のなかに、少し、希望もありそう。
この先、二人が力輝人に会って「あの時は・・・・・」と語り合う場面が
沢山、あればいいのにと思う。


表紙の絵は、物語を凄くうまく表現していて哀しく美しい。


                            ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]