忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4
51Pq6Mm-g3L__SL500_AA300_.jpg発行年月:2011年1月

「2年間で劇団の収益から300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」――鉄血宰相・春川司が出した厳しい条件に向け、新メンバーで走り出した「シアターフラッグ」。社会的には駄目な人間の集まりだが、協力することで辛うじて乗り切る日々が続いていた。
 しかし、借金返済のため団結しかけていたメンバーにまさかの亀裂が走る!? それぞれの悩みを発端として、数々の問題が勃発。嫉妬や羨望、不安、存在意義、恋愛問題、そして旧メンバーとの確執も加わり、新たな危機に直面する。そんな中、主宰・春川巧にも問題が発生して……。どうなる「シアターフラッグ」!?


                               (メディアワ-クス文庫HPより)


待ってました!!
シアタ-!の続編ですね!

メンバ-の個性が豊かで、時には衝突!
前作では、まだ遠慮があったシアタ-フラッグの新人女優・羽田千歳も自分の意見を言えるようになって、劇団内が活気溢れる場になったかんじ。

しかし、ハ-トマ-クがあちらこちらで炸裂してたなぁ~。

千歳と司 牧子と巧は、ちょっと前作から良い関係になりそうだと予測出来たけど、
え?この人がこの人を?ってかんじでどんどんカップル誕生の予感。

司から借りた300万は、なんとか返せそうなかんじになってホッとしたけど、この先の劇団も気になる!!
シアタ-3は、著者あとがきで出る様子なので、楽しみに待ちます!



 

★★★

 

 
PR
5909d470.jpg発行年月:2010年8月

物語に愛された人から、物語を愛する人へ。心を込めて、この小説を贈ります。

このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた-----。「Story Seller」に発表された一篇に、単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版!

                          (新潮社HPより)


Side:AとSideBの二編から成る物語。
作家の妻とその夫がそれぞれで主人公。

SideAでは、作家の妻が病死。
SideBでは、夫が交通事故後の検査で余命短い命と診断される。

二人の夫婦の関係は理想的。
結婚後も相思相愛を持続し続ける夫婦って、なんだか凄いな。
ちょっと羨ましいけど・・・笑

どちらかが余命が限られている設定なので、会話の所々で泣けます(/_;)。

でも・・・・はてこれはどこまでが作家である妻の創作?
ちょっと読み手に判断が委ねられるかんじ。

わたしは、悲しい箇所は作中作だと勝手に判断しました!
じゃないと・・・涙が止まらないから・・・。

なかなか面白い事考えるな~。
読み手に最大のサ-ビスじゃない?

この表紙もお洒落♪

★★★★
 
08eea922.jpg発行年月:2009年12月

経営難の劇団に現れた救世主とは!? 有川浩、完全描き下ろし!


とある小劇団「シアターフラッグ」――ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!! その負債額300万円! 劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧たちに「二年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出す。
新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げるが……。
果たして彼らの未来は――!?

                           
(メディアワ-クス文庫HPより)



やっぱり、有川さんの小説は面白い!!
そして、出てくる人物たちが皆、愛すべきキャラクタ-で、この小劇団「シアタ-フラッグ」の今後をもっと知りたい!応援したい!
そんな風に思ってしまいました。

300万円の借金を抱えていた春川巧の抱える小劇団を兄の司が手助け。
300万円の借金を肩代わりするが二年で返済出来なければ、解散しろ!という条件。

司は厳しく、劇団の経理を監督したり時には乱暴な物言いをしたりするけど、弟がのめり込む劇団を一番応援してるんだなぁ~。
良い兄じゃないの!
格好良いよお兄ちゃん!

劇団員の女性陣も皆、可愛くて個性的。
それぞれ、劇団のため(巧のため?)自分の持ち味を発揮している。
看板女優の早瀬牧子が好き!
新加入した劇団員・羽田千歳に対して複雑な気持ちを抱きながらも、的確なアドバイスをしていて
これまた格好良い!


物語は舞台「掃きだめトレンジャ-」の講演準備の様子を描き、アクシデントもありながら舞台を終えるところで終わる。

あ~もっと続きが読みたい!!


いつか彼らの今後も読ませて欲しいなぁ~。

★★★★
d07d77fb.jpg発行年月:2010年1月

【キケン】成南電気工科大学機械制御研究部
略称【機研】。

彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。
これは、その伝説的黄金期を描いた物語である。

                         (本にある解説文より)


ハチャメチャな大学の部活動を描いた物語。
理系の男子って、こういうの好きだよね~。
わたしにも理系の弟いるので、この雰囲気は想像出来ます(^^)

主な登場人物は4人。
イラスト入りで紹介もあるので、そのまんまのイメ-ジで読みました。

部長の上野が特に強烈なキャラ。
爆破が趣味なんて・・・犯罪一歩手前だよ!
でも、ちゃんとそのストッパ-役の大神が彼を抑制。
とはいえ・・・・許される最大限までは一緒に楽しんじゃうのが面白い。

物語は、こんなハチャメチャコンビが部長、副部長を務める部活に池谷と一緒に入部してしまった元山が大人になって、妻に当時の事を話して聞かせる形で進む。

いつもバカばっかだけど、大神の失恋の話は、ちょっと気の毒だったなぁ~。
あれは女子大生がいかんでしょ!!
大神が気の毒過ぎるよ~。


そして、最後は、嬉しい出来事!
みんなの大人になっての近況報告がありました(^^)

今回も楽しかったなぁ~。
有川さん、最高!!

毎度の事ながら遊び心も憎いな(^^)

★★★★
1f743e15.jpg   発行年月:2009年6月


  男の子に美少女が落ちてくるなら
  女の子にもイケメンが落ちて何が悪い!
  ある日道端に落ちていた好みの男子。
  「樹木の樹って書いてイツキと読むんだ」。
  野に育つ草花に託して語られる、最新にして最強の恋愛小説!


                                                                 (角川書店HPより)

なんだか久しぶりのラブコメで、読む前からワクワク。

樹(イツキ)とさやかのラブスト-リ-。
二人の出会いは、道端に倒れていた樹に出会い、突然「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?」と言われ、拾っちゃう!
あり得ない出会いだけど、そんなことはいいのです!
有川さんのラブコメならば、ありでしょう!!(笑)
ブ男じゃこうはいかないと思うけど・・・・

二人の共同生活・・・ま、最初は初対面ということで、ギコチナサがありますが、段々、お互いに惹かれていく過程がなんともホンワカ。

樹は、草花に詳しく、二人で野草摘みに。

実際、名前を聞いただけでは「?」の草花も植物図鑑ということで、写真が載ってます。
これはホントにいいわ~。
そして、お料理の方法も載っていて、ちょっと試してみたくなる!
探すの面倒だから簡単に試せないけど・・

ノビルのパスタが一番食べてみたい!
ユキノシタの天ぷら・・・苦いらしいけど、ちょっとこれも食してみたい。

野草じゃないと思うけど。。。。ピ-マンの胡麻和えは、すぐ試せそう!これは美味しいでしょう!

倒れたいた樹って、ホントは何者?とずっと疑問でしたが、最後の方で明かされます。
途中、突然の別れもあって、え~そんなぁ~!!(/_;)と思ったら・・・・・・

いや~いいわ~ベタ甘な話なのに、有川さんが書くとどうしてこう感動するのかなぁ?

サイドスト-リ-っぽい後ろのカ-テンコ-ル2つも良かった!

あ~たのしかった(^^)

★★★★

                       
 
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]