忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3
fc0c3920.jpg   発行年月:2006年4月


   このごろ都にはやるもの、
   勧誘、貧乏、一目ぼれ。
   葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ1枚。
   腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、
   出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。
   このごろ都にはやるもの、
   協定、合戦、片想い。
   祗園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモ-」。
   「ホルモン」ではない、是れ「ホルモ-」。
戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。
恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、麒麟魍魎(ちみもうりょう)は跋扈する。
京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の乱狂絵巻。
都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファ-レ。前代未聞の娯楽大作、基盤の目をした夢芝居。
「鴨川ホルモ-」ここにあり!!
                                  
(表紙裏の解説文より)


万城目氏のデビュ-作。
先にドラマでも話題だった「鹿男あをによし」を読んでいますが、その独特の雰囲気をこの作品でも堪能出来ました!
バカバカしい話なんだけど、なんとも言えない知的な娯楽の部分を感じます。

京都大学の新入生たち10人が、それぞれ京都三大祭のひとつである葵祭に関するアルバイト先で先輩からあるサ-クルの勧誘のビラを受け取る。
その新入生歓迎コンパに先ずは行ってみようと集まった面々が知る、そのサ-クルの実態が
「ホルモ-」なのですが・・・・。
変な名前で「なんだ!?そりゃ??」と、わたしも新入生たちと同様、頭の中は(?_?)

すぐに実態は明かせないと、妙に気を持たせる先輩たち。

そして、その実態は。。。。。

もう映画化もされてるし、言ってもいいかな?^^;

ホルモ-とは大学対抗の鬼を操りながらの戦いなのです。
主人公たちの所属するのは、京都大学青竜会。

鬼というと大きいかと思いきや、ここで出てくるのは、巾着のような容姿の小さい鬼。
想像すると、愛嬌ありそう(笑)

その鬼たちを操るためには、鬼に自分たちが主人だと認めさせなくてはならない。
そのためには、鬼語の習得が必須。
新入生たちは、途中、脱退しようかと思う者も出るのだが、それはある理由で絶対に叶わない。

鬼に自分たちを認めさせる儀式は、ちょっと変。
神聖な雰囲気を保つようにと注意されて臨むが・・・冷静に見たら「この人たちは狂ったのか?」と思われるようなもの。
伝統の舞いの披露では、思わず吹きだしちゃいましたから~!!
この儀式は途中まで女人禁制という意味がわかりました(こう書けば少し想像できますね^^;)

バカバカしいことの連続だったけど、戦いの場では、真剣勝負。

凡ちゃん(髪型が大木凡人みたいなきのこヘア)こと、楠木ふみちゃんが可愛い!
そして、大活躍!!
少し、映画の紹介を覗いたら、この凡ちゃん役は、栗山千明さんなんだとか!?
え?アベがひめ目ぼれする女子役じゃないんですね~。

なんだか、映画もちょっと見たくなりました。
物語だけでこんなに、面白いんだから、映像化されたら、もっと面白いかも!


この本、主人が先に図書館から借りて、時々、大笑いしながら読んでいました。
その理由がわかった!

こういうのは、意外と好き嫌いが分かれそうだけど、わたしは好きだな!
爽やかな青春小説と言ってもいいかも!
もう1回ササ~ッと読み返しちゃおう♪

★★★★★
PR
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]