忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2



発行年月:2010年10月

プールで見知らぬ女に声をかけられた。
昔、同じ団地の役員だったという。
気を許した隙に、三歳の娘が誘拐された(表題作)。
他、団地のダークな人間関係を鮮やかに描いた十の傑作ミステリ。

                   (幻冬舎文庫HPより)




永嶋さんと言えば、ダークな話。

人間の悪意とか書かせたら巧い作家さん。

これは少し前の作品ですが、短編集。
短編集は初めて読んだけれど、どれも面白かった。(後味悪い話多いけど・・・)


<インターフォン>
市営プールで声を親しげに名前を呼ばれ、以前同じ団地に住んでいたという。
その女に3歳の娘を誘拐された。
12歳の息子が心当たりがあるという。

<妹>
のろまな妹。
ある姉妹に利用される妹に気づいた姉。

<隣人>
何かと口実をつけては家に来る隣人の老女。
度々ある無言電話。

<団地妻>
ヒマな団地の主婦たちのいたづらについ乗ってしまう。

<非常階段>
3年前、団地の非常階段から飛び降り自殺した同級生。

<追い剥ぎ>
同じ団地内に住む怪しげな男についてあれこれ詮索する主婦たち。

<梅見月>
娘婿の様子に不審なものを感じて追跡する老齢の男。
が。。。不貞を働いていたのは娘の方だとわかる。

<小火>
幼いとき、いつも一緒に遊んでいた少女のことを思い出す。
遊びのひとつに異物混入ゲームがあった。

<花笑み>
子どもを死産してから夫との関係がぎくしゃくし、離婚。
夫には他所に女が出来、その女は妊娠。
母は少し前から難病を患い入院中。
今後のことを思い悩み・・・・

<迷子>
女房に逃げられ独り身になった男。
団地の消防委員の役を渋々受け入れた。
団地内の老人が行方不明になったと連絡を貰い、捜索に参加。
捜索のペアは、父親に代わり参加した大学生の男子。


嫌な重たい話が多いなかで、最後の話は、ちょっと新たな人間関係が
築けそうでいい感じ。

しかし、団地のなかのヒマな主婦たちのお喋りは、ロクなものじゃないなぁ~。
嫌だ嫌だ。
集合住宅には住みたくない。


                           ★★★
 
PR
61vvUZ7tKGL__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年5月


廃墟でおこるステキな奇跡

人生に疲れたら、うら寂しい場所に行ってみよう。何かが背中を押してくれる。閉じこもりOL、家出少年、行きづまった事業主――彼ら彼女らの今を劇的に変化させる6つの物語。

「誰かいるのか」
返事はない。見間違いや気のせいではなかった。確かに誰かがいた。スプレーの落書きをした連中の仲間か。それとも、最近増えているという廃墟巡りを趣味にしている物好きか。
「いるんだろう?」
背後にも注意しながら、一歩二歩と近づく。鉄骨階段の陰に誰かがしゃがみ込んでいる。手すり越しに覗くと、お下げ髪がふたつ、見えた。その手許にきらりと光る棒がある。魔法の杖みたいだ、と思う。ディズニーアニメのティンカー・ベルがちょうどあんな棒を持っていたっけ……。――<表題作より>


                                   (講談社HPより)

6つの短編集。

「廃工場のティンカ-ベル」
廃工場に居た19歳の風俗嬢。
彼女はある揉め事に巻き込まれそれにより人を殺めてしまったと思い込んでいた。
たまたまそ仕事でそこを訪れた一級建築士の片平がその誤解を解いてあげる。


「廃線跡と眠る猫」
13年前に可愛がっていた半ノラの猫・フタバ。
フタバが好んでよく居た線路は今は廃線になっている。
そこに行方が分からなくなった日を命日に決めてお供えものをする美野里。
偶然にも職場でお人よしで有名な男性・野島からフタバのその後を聞く。

「廃校ラビリンス」
中学生の拓人は今は廃校になった校舎に忍び込み、警備員のヤマダに見つかる。
ヤマダは拓人の通っていた学校の卒業生だった。

「廃園に薔薇の花咲く」
今は廃園になった元遊園地。
そこに入る中学生の美緒と祥。
祥は家庭問題で悩んでいた。

「廃村の放課後」
以前住んでいた廃村となった村を訪れる。
妻となる人とその息子とともに・・・。

「廃道同窓会」
今は45歳の元山岳部だった3人は、仲間の遺灰を山頂から撒くため登山する。
元部長だった雅恵は術後のため、段取りだけを整えてくれた。
そして登山中、一人が怪我のためリタイア。
残る二人は共に家庭内に悩みを抱えていた。


それぞれの話のなかの人物たちは、何らかのことを思い悩んでいる状況。
そんな人たちが訪れた今は使われて居ない場所で、新しい気持ちを思い起こす話。
どの話も最後は、明るい気持ちで前を向いて頑張ろうというかんじなので
読後感が良かった!

猫好きとしては二番目の「廃線跡に眠る猫」がジ~ンときた。
姿を消したままの猫の最期が辛いものじゃなかったとわかって良かった。
職場でお人好しとしてしか見ていなかった野島の優しさが美野里にも伝わって
今後の、この二人の関係は・・・・?なんて想像もすると楽しかった。



★★★★


 
51bTzS8jO4L__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年8月

忍び寄る殺意、
崩れ落ちる日常。

かつて暮らしていた街。
偶然、再会した同級生。
通り魔の被害者となった私。
私は何を見たのか、誰に見られていたのか……。

ヒット作『転落』の著者による、
「悪意」の連鎖が引き起こす長編サスペンス


                                       (光文社HPより)


主人公の芳沢夏帆・32歳は、住宅地図の調査員をアルバイトでしている。
ある日、調査している街で小学校時代の同級生と再会。
後日、家に行く約束をし、向かう途中で、通り魔に遭遇し怪我を負う。
そして、その同一人物らしい犯人による殺人事件が起き、夏帆は警察から
事情聴取を再三受けることに。

事件の真相も気になりつつ、夏帆の周りで起きる日常にある出来事にも興味を覚えた。
同級生たちが噂する街のなかの変わり者の存在。
街のなかの情報通の女性。
夏帆の家族や親戚関係。

32歳独身の女性の心理もよく表現されていて、夏帆の心の声のようなものも面白かった。


事件の真相は、明かされてみたら、なるほど、そういう事でしたか!?というような
想像では思いつかなかったものでした。

そして表題の意味がわかりました。

読み終えて、本の表紙を見ると、なんとも不気味な表紙写真でゾッとしちゃいました^^;



 

★★★

 

 

0ff1eb3d.jpeg発行年月:2007年11月

病んでいるのは、いったい誰だ?
妊婦連続殺人の容疑者を夫が弁護-----。
妊娠5ヶ月めの妻の恐怖は、それから始まった。
現代社会の病理を描く、衝撃の書き下ろしサスペンス

妊婦ばぁりが次々と狙われる連続殺人事件の容疑者は、男子高校生だった。しかも夫がその弁護を・・・・。妊娠5ヶ月めの美沙緒の周辺がめまぐるしく変化する。

       
                                  (講談社HPより)

先ず最初に恐ろしい事件が連続して起こり、犯人に憤りを覚えました。
私立の進学校に通う男子高校生が犯人。
最初の殺人は、不運な偶然が重なり・・・しかしそれを機に次からは自分の意志で妊婦を狙う。
もはや捕まるのも時間の問題と気づいたあとが恐ろしい。

そんな犯人をこれまた不運な偶然からか、弁護する立場になった男の妻・美沙緒。

留置所で拘束されながら尋問を受ける犯人・直彦と弁護士の妻・美沙緒の出来事が交互に描かれる。

美沙緒の周辺にいる親しい者たちが事件を機に悪意を剥き出しに攻撃する様も怖かった。

人って怖い。
どんな事で恨まれているか・・・。

弁護士ってやっぱり大変な仕事だな。とまた思う。
こういう誰がどう考えても極悪非道な人をも弁護しなくちゃならないんだから・・・・。

でも美沙緒の夫・月隈は、良い弁護士だな。
その生い立ちからしたら、直彦のような人間を真っ先に恨んでも不思議じゃないのだけど。
罪を軽くしようとしてるわけじゃなく真実を明らかにすることを真っ先に考えている。
犠牲になった遺族の気持ちがよくわかるからだろうな。


月隈と美沙緒の関係も会話から感じる関係がとても良かった。
だから、最後、美沙緒が最悪な状況に陥ったときには、まさか!?とハラハラ。

そういう意味では、最後、ホッとしました。

しかし・・・人間の本音とかってわからないし・・・・不穏なかんじは少し残る。

永嶋さんの本、数冊読みましたが、どれも結構、おもしろいなぁ~。

新刊も楽しみ(^^)


★★★★

251a2bf5.jpg発行年月:2004年7月


追い詰められた者たちが見つけ出した答え。
善意に満ちた悪

驚愕の心理サスペンス長編


                   (講談社HPより)

文庫化されたものが2009年4月に発行されているそうで、主人が「本屋の店員のPOPに10年に一度の傑作ってあったから読んだけど、なかなか面白かったよ」というので、わたしも読んでみました。

なるほど!これは面白い!

物語は3つの章に分かれています。
Ⅰ 教唆
Ⅱ 隠匿
Ⅲ 転落

Ⅰでは、あるホ-ムレスの語りで、食べる物を探すことが生きる為には必須の毎日の中で、偶然、出会った小学5年生の少女から食べものを貰い、そのお返しに彼女の下僕となった「ボク」
Ⅱでは、ボクを周囲には内緒で匿う女性との関係
Ⅲでは、ボクと匿った女性とが、関わった共通のある事件についての真相

こんなかんじかな?

これは、あまり説明するとこれから読む人の楽しみ(恐怖)を奪うことになるので、あまり書かないけど、兎に角、予想を覆す事がどんどん出てきて、読み進めるのが楽しみだった。

職場や、親戚や、近所、周りの人間たちの言葉や態度で追いつけられていく果てに起こすことって、恐ろしい。
誰の身近にもありそうな事だけに、背筋がゾクゾクした。

読みながら感じた「?」の幾つかは、段々に明かされるが、全ての「?」が明かされずに終わるため、読後もモヤモヤした違和感が残るのだけど、それも含めて面白かった!

この著者のほかの作品も読んでみようかな?

★★★★
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]