忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
d905c141.jpg   発行年月:2011年4月


   亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。
   それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。
   創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。
   そして書いたのは誰なのか。
   謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の事実を孕んでいた。

   圧倒的な筆力に身も心も絡めとられてしまう究極の恋愛ミステリー!

                                           (双葉社HPより)


最初から最後まで、この先どうなる?と逸る気持ちで読み続けたかんじ!
これは凄いミステリ-だ!


主人公の亮介はドッグランのある喫茶店を経営していて、恋人の千絵の失踪という事件を機に、父親が末期癌だと診断され入院し、その後、母親が交通事故で亡くなるという事態。

そして父親が一人暮らしていた家のなかに入り、見つけたものは、誰が記しかのかわからない連続殺人を告白するものだった!
その殺しの方法が・・・・なんとも残酷。殺人を犯す本人は、淡々とそれを行い、背筋が凍る。


その謎の手記のようなノ-トに書かれた内容を追う場面とそれを読む亮介の日常が交互に語られ、その二つに接点が段々と出てくる。


そして驚きの真実!

最後まで読むと、家族愛のようなものを感じる内容で、読み始めたときに感じた不気味なイヤなかんじが、温かいものも感じられるようになって、よく出来た話だった!

途中、亮介の言葉
年をとるというのは、たぶん混乱を混乱のまま抱きかかえて生きられるようになることではないだろうか。

が印象的だった。
なるほど・・・そういうものかもしれない。

★★★★
 
PR
6d2dd246.jpg   発行年月:2010年4月


   苦しい、切ない、逃れられない     
   泣きたくなるような悪夢     
    
           
   ホラーサスペンス大賞受賞作家が描く、
   壊れていく男と女の9つの絶望     

汚れた身体を救い出してくれた悪魔に囚われていく私。         
怒りと赦しを背負いながら生きていく使用人の哀しみ。         
            姿の見えない彼の妻に翻弄される不倫女の叫び。            

--暗い水底に引きずり込まれていくような9つの哀しみと絶望-- 
一度読んだら捉えて離さない、沼田まほかるの痺れる世界

                                            (光文社HPより)


<林檎曼荼羅>
亡き姑の思い出をあれこれ思ううち林檎にまつわる思い出話を思い出す。
過去に戻ったり現在に戻ったり、主人公自身があやふやな意識のなかで体験するちょっと不思議な話。

<レイピスト>
恋人の子どもを二回中絶している女性。
あるとき後ろから聞こえる足音に恐怖を覚えつつ帰る途中、その後ろから来た男にレイプされる。
その後、何事もなかったように過ごしたある日、駅のホ-ムから下に転落。
それを救ってくれた男は・・・。

<ヤモリ>
古い山荘に一人暮らす女性の元に暫く居候することになる若い男性。
帰したくないと思う女性。

<沼毛虫>
痴呆でホ-ムに入所中の曾祖母の昔話

<テンガロンハット>
通りがかりの男に、ちょっと困った状況を助けられた女性。
植木屋だというその男に庭の手入れを頼んだら・・・毎日家の修繕にやってくる。
段々疎ましく感じる。

<TAKO>
少女の頃、知らないおじさんからもらった不思議な絵。
その絵に知らない間に影響を与えられていたと気づく女性。

<普通じゃない>
ゴミハウスを当番でもないのに、掃除している男を殺したいと思う女性。
不自然でない状況で男を殺す方法を考え計画通り実行しようとする。

<クモキリソウ>
ナメクジ

<エトワ-ル>
不倫している女性。
男が妻と別れると言うが、その妻の存在は女の妄想によって生まれたもの


読むとどの話も妙な話です。
怖いけど、どこか滑稽なかんじで・・・不思議なお話でした。

好きな話じゃないけど、ちょっと、たまには読んでみたいかも?
変な魅力のある短編集です。

この表紙の絵の雰囲気もタイトルも、本の内容にピッタリ!!

★★★
 
baeefa0c.jpg発行年月:2007年8月


宿した命を喪った夫婦。
闇にとらわれた少年。
愛猫の最期を見守る老人。

濃密な文体で、人間の心の壁に分け入ってゆく傑作長編

                     
(本の帯文より)


物語は、第一部、第二部、第三部に分かれていて、一部と二部はちょっと登場する主な人物が違うので「あれ?」と思いますが、三部で再び、一部に登場の人が主になり、ああ、これはずっと時間的にもつながっている物語なんだと気づきました。(気づくの遅い?^^;)

でも、ず~っと出て来くるのが1匹の猫・モン。

第一部では、家のそばでうるさく鳴く仔猫の声を、我慢できず、拾いにいき、でもやはり捨てる夫婦。
夫婦は、40歳の妻と52歳の夫で、あきらめていた子どもを授かったが、6ヶ月で亡くしてしまっていた。
仔猫といなくなったわが子を混同して考えたりもするが、所詮、猫なんだから・・・と捨てる。しかし戻ってくてしまう。そしてまた捨てる・・・・・
この拾う、捨てるの描写がリアルで、ちょっと気持ち悪かった。

第二部で出て来る中学生の少年は、父親と二人暮らし。
毎日の暮らしぶりや、少年の行動などを読んでいると、なんだかすご~く暗くて、重くて、切ないかんじ。
ある時、父親が仔猫を連れて来て、最初は殺そうかと思うのだけど、ある考えが浮かんで一応、世話をする。その間にちょっと心に明るいものが育つかんじだったのは、良かったけど・・・・
これも、最後はちょっと映像を思い浮かべると気持ち悪かったなぁ~。

そして三部では一部の夫婦が再び登場。
猫はどうやらこの家で飼われて「モン」という名前で可愛がられていたんだとホッとした。
二部でちょこっと登場していた猫も「モン」だったんだ!(またまた気づくの遅い?^^;)

どうやら、かなりの年月が一部から経ち、仔猫も老いて、人間も老いて・・・・・・

猫の最期を優しく看取る男の姿が切ないけど、胸にじ~んと来ました(/_;)

死ぬこと=自然なこと
何も恐れなくてもいいんだと猫が教えてくれているかのよう。


全体的に暗くて、重い物語なのに、ちょっと温かい気持ちになれるお話でした。

この方のお名前前から思ったけど、どんな由来でつけたのかしら?
「まほかる」って?

著者経歴を見て、ちょっとビックリ。
1948年生まれ。主婦、僧侶、会社経営などを経て2004年『九月が永遠に続けば』で第5回ホラ-サスペンス大賞を受賞

だそうです。
僧侶の経験があるんですね~。前に読んだ「アミダサマ」の描写を思い出すと、ちょっと納得。

怖いもの見たさで『九月が・・・・・』も読んでみようかな?

この方の文章に不思議な魅力を感じちゃいます。

★★★★

a726fc02.jpg発行年月:2009年7月


その名はミハル。破棄された冷蔵庫から発見された。愛くるしい彼女がその寺に来た日から、集落は変わってゆく。そして猫の死、母の死。冥界に旅立ってゆく者を引き止めようと、ミハルは阿弥陀様に全身全霊でぶつかっていった。その夜、愛し愛された者たちが彼女に導かれて激しく交錯する。冷蔵庫から生まれたミハル、一体おまえは・・・・・!?

                          (新潮社HPより)


悠人は、不思議な耳鳴りのようなものに導かれるように、廃車置き場に辿り着き、そこで近所の寺の住職だという浄鑑と出会う。
二人で、どうやらこの中に何者かが居るらしいと、廃棄された冷蔵庫の扉を開けたところ、5歳の少女・ミハルが現れる。
浄鑑は、悠人にミハルの声に二度と惑わされる事があってはならない。遠くに離れているようにと忠告し、ミハルは浄鑑の寺で生活することになる。

物語は、その後、自分の日常に戻った悠人と寺に連れ帰ったミハルを自身の母親・千賀子と育てる日々を綴ったパ-トが交互に描かれる。

悠人は、ミハルに再び呼ばれる事をどこかで待っていながら、平穏に暮らす。が、ずっと昔、ある事件から絶縁状態であった祖父と偶然、会い、そこから何とも妙な人間関係が育ってゆく。

ミハルは、すくすく成長し、浄鑑と千賀子に可愛がられ平穏で明るい寺での日常を送るのだが、可愛がっていた猫のクマの死をキッカケに、何やら常軌を離れ闇のようなものに覆われてしまうようだった。
寺の中だけに留まらず、周辺の集落全体がその何か得体の知れない力によって、凶事が続く。
その様子は、なんだかわけがわからないけど、怖かった。
背筋のあたりが寒くなるような・・・・。
なんとな~く嫌なかんじが、暫く続き、この話の結末はどうなるんだろ?なんて思いながら読みました。

ミハルは、何者なのか?
この不思議ないや~な感じを引き出すのは、どんな力?
どんな意味があるのか?

ミハル自身は可愛く屈託がないだけに、逆にその辺も不気味でした。

で、結局・・・・・・。

正直、本当のところはよくわからなかった。(わたしだけ?^^;)

でも、わたしは、最後、なんとなく、これはハッピ-エンドって事だろうな・・・と解釈しました。

同じ本を読んだ人の感想を聞きたい!

なので、取りあえず、主人にも読んで貰って、その辺を確認してみようと思ってます。

でも、文章は引き込まれる物があり、夢中になりました。

★★★★
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]