忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。



発行年月:2016年1月


 他人事、ではもう済まされない。平凡な日常が壊れる瞬間を描いた衝撃のミステリー。 誰が少女を殺したのか。 数行の三面記事に隠された、証言者たちの身勝手な事情。 被疑者の高慢、 医師の正義、 看護師の自負、 目撃者の憤怒、 弁護士の狡猾、 遺族の懺悔、 刑事の執念。 三月五日、午後二時ごろ、みどり市旭ヶ丘一丁目の横断歩道で、近くに住む八歳の女児が走ってきた乗用車にはねられ、病院へ搬送されたがまもなく死亡した。乗用車を運転していた二十六歳の男性に詳しい事情を聞いている。 たった数行の三面記事から始まる、慟哭のミステリー

                    (幻冬舎HPより)




ひとつの交通事故死に関わった人たちの物語。

8歳の女の子が車に跳ねられ死亡。
事故を起こした男と、偶然、そこに居合わせた主婦。
女の子を救急搬送しようとした病院の外科医。その愛人。
搬送を断った看護師。

色々な人が代わる代わる語る。

そして、結末は・・・


ああ、哀しすぎる(T_T)

自分の保身のため、人は嘘をつく。
その嘘に疑問を感じ更なる恨みが生まれる。

人間の心理を上手く描写した物語。
関係ない立場で読めば、皆、それぞれ悪いんじゃない?と言えるけど
もしも、自分にこんなことが降りかかったら?と考えると
とても恐ろしい。


さすが天野さん!
今回も引き込まれるように読ませて貰いました!


                        ★★★★

PR
51vngXsjcxL__SX230_.jpg    発行年月:2012年9月
 

         ベストセラー『氷の華』『目線』の著者が描く、慟哭のミステリー

高級住宅地で起きたひき逃げ事件、そして旅行先で起きた失踪事件。全く別の場所と時間で起きた2つの事件のつながりが、二人の刑事によって明かされる。 なぜ、母親想いの人間が、人を殺めたのかーー。その犯罪の裏に隠された悲痛な犯人の動機とは?


                               (幻冬舎・・・BOOKデ-タベ-スより)



天野さんの書く話は、リアルにその登場人物の像が頭に浮かんでくる。
そして、今回も面白かった!
これもドラマになったら面白いだろうなぁ~。

表題が「彷徨う人」なので、最初から行方不明になる女性・片岡葉子がみつかるかどうか?の話なのかと安易に思ってしまった(^^ゞ
そんな単純な話ではも勿論なくて・・・
どんどん人が登場して、次々と分かってくるその人たちの関係。
メモを取りながら、自分なりの相関図を作りながら読みました。

最初に行方不明になった片岡葉子。
彼女は、ほか3人と旅行の帰りに足取りがわからなくなる。
心配した葉子の姉・淳子が警察に捜索願いを提出。
淳子の夫・宗太は、あまり心配していない様子で、その態度に腹が立ち夫婦は決裂。

宗太には認知症のため入院している母・幸子がいて定期的に様子を見に行っている。
幸子は元国語教師で幼い頃に父が亡くなり、母子で暮らしていた為、母親に対する愛情が深い。

物語には、葉子の失踪事件とともにもうひとつの事件が出てくる。
葉子と一緒に旅行した一人・田嶋千里の夫が半年前に轢き逃げされ死亡した事件。

葉子の失踪をやはり同じく一緒に旅行した日野美香子が追う。
そして轢き逃げ事件は、他殺による隠蔽工作だったのでは?と真相を追う刑事・清水が追う。

そして二つの事件は実は繋がっていた!!

ここまで持ってくる辻褄合わせがよく考えられている。
言われてみれば、なるほどそういうことね・・・と思うのだけど。

でも犯人の最期は切なかったな・・・・。

犯人の母親は、どんな気持ちだったんだろう?

表題の彷徨う人は、最初は、失踪した葉子のこと?と思ったけれど
この事件に関わった人たち、みなを指すような気もする。
上手い表題だと思う。


                                        ★★★★
 
550870b0.jpg発行年月:2010年12月


四百年前、千葉沖で沈んだスペイン船、三十年前に消えたひとりの男、そして、現在の東京で発生した殺人事件。3つの点が繋がった時、運命に翻弄された男の悲しき人生が暴かれる。長編ミステリ。


                         (幻冬舎HPより)



「氷の華」 「目線」に続く「烙印」。
前2作も面白かったけど、これまた面白かった。

400年前の南蛮人を乗せた船の乗組員を救助するある村の人々。
30年前のものと思われる白骨化した遺体。

東京の公園で見つかった絞殺体。

この3つの事柄が最初は、別の出来事のように書かれ、いずれは繋がっていくのだろうと予測しながら読み進め、段々に繋がっていくその過程が面白かった。

事件を追う戸田刑事は、前の作品「氷の華」にも登場の刑事。
この刑事の扱う事件は今後もシリ-ズ化していくのでしょうね。

ミステリ-として戸田刑事の真相究明の過程は十分、楽しめるけど、もっと事件の当事者たちに主体を置いた書き方をした物語も読みたいと思った。


秋津直哉の事がもっと詳しく知りたかった。
そこだけに視点を置いて描くだけでも充分面白い人間ドラマが出来上がると思ったんだけど・・・。

400年前、座礁した船に乗っていたスペイン人たちを助けた海女と村人たちの話は、良かった。
ミヅキとニックの出会いから始まったロマンチックな物語が現代の哀しい殺人事件に繋がってしまったのは、あまりにも切ない(/_;)



尚、千葉県沖でスペイン船が沈没し、その乗組員たちを地元の海女たちが必死に助けた物語は史実に基づいているそう。
著者の天野さんの故郷・千葉県、御宿町にはその事実を記した記念塔(通称メキシコ塔)というものがあるそうです。



「氷の華」も「目線」もドラマ化されたけど、これもドラマ化されるかな?

今回も充分楽しませてもらいました♪


★★★★
 

2569f11a.jpg   発行年月:2006年9月


   専業主婦の恭子は、夫の子供を身篭ったという
   不倫相手を毒殺、
   完全犯罪を成し遂げたかに思えたが、
   ある疑念を抱き始める。
   
   罠が罠を呼ぶ傑作ミステリ。

                          
 (幻冬舎HPより)



長い話ですが、面白くて、殆ど一気読みでした!

夫の出張中に不倫相手だという女・関口真弓からかかってきた電話に激しい憤りを感じる恭子。
プライドが高い彼女に殺意を抱かせるだけの言葉。
そして、真弓を毒殺。

犯人が最初にわかるパタ-ンの推理小説。
でも、その後が面白い。
完全犯罪かと思われた恭子の綿密な犯行だったが・・・
捜査段階の割と早くから刑事・戸田は、恭子が犯人なのでは?と睨み、その確証を得るための推理と捜査の過程が面白い!
いろいろな仮定を立ててひとつひとつを事実と併せて検証してゆく。

そして、事情聴取での刑事・戸田と恭子のやりとり。

罪を割りとアッサリ認める恭子だったが、どこか自信に満ちている態度に違和感を覚える戸田。

そして裁判・・・・・ここからがまた面白かった!

いろんな人間が出てくるけれど、自然と頭のなかに残っていて、「あ~この人は・・・」とその前に書かれていた伏線がこういう風につながるんだ!と納得。

鋭い推察力の刑事・戸田ですが、彼女の本当の殺害理由はついに謎のままというのもいい。
ラストは壮絶だけど、恭子らしい。


これは、2009年にドラマ化されたそうですが、正にドラマを見ているような感覚で読めます。f36f6f58.jpeg
ドラマ、見てみたかったなぁ~。

恭子役は米倉涼子。
刑事役は舘ひろしだったんですね!!

他にも豪華キャスト!
う~んDVDないかな?(笑)


著者は60過ぎでこの本でデビュ-とか。
最初は自費出版。その後、出版社から単行本として発行され、売れに売れ増刷も何度かされてる作品だそうです。

この次に出した「目線」は先に読みましたが、それもなかなか面白かった!

次の作品も期待します!!


著者のこの本に賭けた意気込みのようなものも垣間見える
幻冬舎のこちら(氷の華 もうひとつのスト-リ-)のペ-ジを気になる方は一緒にどうぞ♪

 

★★★★★


           

 


 

                         

           
 


 

e4f9b798.jpg発行年月:2009年6月


同族会社社長の誕生祝い。だが、主役である新之助が死亡し、華やかな宴は一転して次々と人が死ぬ惨劇の場へと変わっていく。

ベストセラ-『氷の華』の著者が描く、愛憎渦巻く一族の悲劇。



                     (幻冬舎HPより)


冒頭のエピロ-グに書かれた事を頭に置いて読むと、事件の犯人は「この人だろうな~」と予測がつきます。
けれど、一族とその関係者十数人が集まる場で、実際、誰が犯人なんだ!?は最後の方まで絞りきれない。

誰なんだ!?と思いつつ、読み進めるわけですが・・・・・事件の真相までは、なかなか辿り付かず・・・・途中、睡魔が襲いました^^;

がんばって読んで、真相が明かされたのは、最後の方。
しかも事件を追っていた警察関係の人でなく、一族の側の解説で・・・・??


はっきり言うと、真ん中へんは、読まなくてもいいかも・・・
半分眠い目をこすりながら(長女の塾、迎えがあったので)読んだ為あまり頭に入らなかった部分が多いにも関わらず、最後の方(今朝、読みました)で、もやもやしていた事件の真相がわかりましたから。


犯人がわかれば、この表題「目線」の意味がよく理解できます。

犯人像などは、最後の最後まで明かされないので、途中の段階で犯人を言い当てるのは不可能かも。
わたしは、ちょっと勘違いしてました^^;
この辺は、著者の狙いでしょうけど・・・・。

しかし、犯人には、同情しちゃいます。恨み心を抱くのもわかる気がする。
だからって、殺人はダメですけど。


著者のデビュ-作『氷の華』は、とても評価が高いので、読みたいのですが図書館での蔵書数が少ないみたいで、さほど予約者居ないのに、かれこれ8ヶ月も順番待ちです(/_;)
未だ手元には来ず・・・もう1年待ちも覚悟かなぁ~?


本書後ろの<著者紹介>を見ると
1946年生まれ。『氷の華』は2006年自費出版からスタ-トし、2007年単行本として出版。
文庫化もされ、35万部のベストセラ-となる。
ドラマ化もされ、62歳の大型新人として注目を浴びた。

と記されています。


う~ん早くデビュ-作が読みたいです!!


★★★
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]